チェーンでつながれた二人が一緒に飯を食う

2017/03/17 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちしきの金曜日
 

チェーンでつながれた二人が一緒に飯を食う

これからチェーン・デス・ランチに挑む二人
これからチェーン・デス・ランチに挑む二人
プロレスの試合にチェーン・デスマッチという形式がある。チェーンでつながれた二人がリング上で戦う。動きを制限された中での戦いで、時にはチェーンを凶器として使用したりするクレイジーなデスマッチだ。このクレイジーな設定を日常生活にもちこめないだろうか。例えばランチだ。チェーンでつながれた二人が一緒にランチを食べる。チェーン・デス・ランチである。
(住正徳)

チェーンをカスタマイズする

前述のチェーン・デスマッチの始まりは、インディアン・ストラップ・デスマッチだと言われている。チェーンではなく、皮製の紐で両者をつないで行う試合だ。相手を引きずって4つのコーナーポストにタッチして1周した方が勝者である。ルールだけ聞くと、危険なのか牧歌的なのか判断が難しいが、そんなインディアン・ストラップ・デスマッチから派生した試合形式がチェーン・デスマッチである。皮製の紐をチェーンに変えることで、デンジャラスな要素が更にアップしている。

今回は、そのチェーン・デスマッチをランチの場に導入する計画である。人類史上、もっとも危険なランチとなることが予想される。

まずは二人をつなぐために、手錠を調達する。

ドン・キホーテのパーティグッズコーナーでおもちゃの手錠が売られていた。値段は300円。手錠の隣には「愛のムチ」というグッズが並んでいる。手錠とムチ。人によって使い方は様々なのだろう。
おもちゃの手錠
おもちゃの手錠
隣には愛のムチ
隣には愛のムチ
おもちゃの手錠の裏には「逮捕しちゃやーよ」というセリフが。「逮捕しちゃうぞ!」という言葉があった上での「逮捕しちゃやーよ」なのだろう。パーティグッズの裏面から行間を感じ、ドン・キホーテの売り場でニンマリである。
パッケージの裏面
パッケージの裏面
手錠の次はチェーンだ。ドン・キホーテから東急ハンズへと移動した。

鉄製のチェーンとプラスチック製のチェーン、どちらにするか悩んだ結果、今回はプラスチック製を採用することにした。なぜなら、僕たちはレスラーではないからだ。厳しいトレーニングを積んだレスラー同士をつなぐには鉄製の鎖が必要だろう。鍛えていない我々のような一般人をつなぐには、プラスチック製で十分である。
プラスチック製のチェーン各種
プラスチック製のチェーン各種
手錠のチェーンと延長用のプラスチック製チェーンをつなぐ役割として、クイックジョイントというコネクターを購入した。手錠の鎖を外しクイックジョイントを使ってチェーンを長くする。延長チェーンの長さは1メートルだ。
クイックジョイントを購入
クイックジョイントを購入
手錠の鎖を外しクイックジョイントを装着
手錠の鎖を外しクイックジョイントを装着
プラスチック製のチェーンをそれにつなぐ
プラスチック製のチェーンをそれにつなぐ
チェーン・デス・ランチ用のチェーン完成
チェーン・デス・ランチ用のチェーン完成
以上のチェーン・カスタマイズはルノアールにて行った。
ルノアールにて
ルノアールにて
席に着くなり手錠を出してチェーンをつないだりしていたので、サービスのお茶がいつもより早く出てきた。早めに片付けておいた方がいい客。ウエイトレスがそう判断したのだと思う。

僕が知ってる仲の良いカップル

二人をつなぐチェーンが完成したので、次の段階に移る。

仲の良いカップルを探して、実際にチェーン・デス・ランチに挑戦してもらうのだ。

仲の良いカップル。

すぐに1組、思い浮かんだ。
仲の良い夫婦
仲の良い夫婦
坂入夫妻である。旦那の坂入さんは、以前渋谷で居酒屋を経営していて、過去のデイリーポータルの企画でも何度かご協力いただいている。(「いつでもどこでも生ビールが飲める方法」

現在、坂入さんは渋谷の居酒屋をたたみ、別の食堂を切り盛りしている。

仲の良い夫婦として、なぜ真っ先に坂入夫妻が浮かんだのか。

それは、坂入さんのSNSに現れている。坂入さんの投稿は奥様を撮影した写真が多く、どれもとても幸せそうなのだ。

例えば、坂入さんの次のような投稿に、
【春休み】大崎駅前で反省会…しかし帰国した途端この右も左も紫煙の洗礼はまぢで…(涙
@nifty

写真ニュース