1本680円もする高級バナナを食べてみた

2017/04/14 18:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちしきの金曜日
 

1本680円もする高級バナナを食べてみた

!
1回のお昼ご飯にいくらぐらい出せますか?

私はなんとなく650円が上限だなと思っている。もしどうしても1,000円のランチが食べたい場合は、何日かカップラーメンで我慢し、それでストックされた分のお金で食べていいことにしている。

そんなルールの中で生きている自分にとって、「1本680円するバナナがある」と知った時の衝撃がどれほどのものだったか、お分かりいただけるだろうか。一体どれぐらい美味しいと言うのだろう。何日かカップ麺で済ませて浮いたお金で食べてみることにした。
(スズキナオ)

問題のバナナはオシャレなフルーツパーラーで売られていた

その高級バナナが売られているのは、大阪の中でも最もおしゃれな古着屋、雑貨店、ギャラリーなどが密集している北堀江の「ミキ フルーツ カフェ」だ。東京でいう代官山に近い雰囲気を持つ北堀江。「ミキ フルーツ カフェ」は新鮮なフルーツを絞って作るフルーツジュースや、フルーツサンドを食べることができるパーラーである。
人気店ゆえ、店内では席が空くのを待つ人々が列を作っていた。
人気店ゆえ、店内では席が空くのを待つ人々が列を作っていた。
店内の一角で果物が販売されており、1本680円の高級バナナもそのコーナーで売られていた。
「アポ山スーパー800」という名前のバナナがそれ。本当に1本680円だ。
「アポ山スーパー800」という名前のバナナがそれ。本当に1本680円だ。
5本入りだと箱がつく分お値段が上がり3,940円に。
5本入りだと箱がつく分お値段が上がり3,940円に。
10本で7,340円。スニーカーとか買える額。
10本で7,340円。スニーカーとか買える額。
1玉15,000円(税別)のメロンもあり。お見舞いにこれをもらおうとしたらどれぐらいのケガをしなくてはならないだろうか。
1玉15,000円(税別)のメロンもあり。お見舞いにこれをもらおうとしたらどれぐらいのケガをしなくてはならないだろうか。

食べ頃の見極めが大事らしい

「アポ山スーパー800」は入荷数の都合で売切れてしまっていることも多いらしいのだが、680円のバナナをなんとか無事購入することができた。
すき家の「牛丼しじみ汁おしんこセット(490円)」より高級なバナナである。
すき家の「牛丼しじみ汁おしんこセット(490円)」より高級なバナナである。
コンビニの朝帯の1時間分の時給がバナナ1.5本で支払われても文句の言えない高級さである。
コンビニの朝帯の1時間分の時給がバナナ1.5本で支払われても文句の言えない高級さである。
とにかく大事に大事に、リュックの奥にそっとしまって持って帰った。お店に掲示されていた説明によると、「アポ山スーパー800」は、フィリピン・ミンダナオ島にある「アポ山」の標高およそ800メートル付近で収穫されるバナナで、房の中でも特に実の大きい中央部分のものだけを厳選しているんだとか。

食べ頃が重要で、常温で保存して「シュガースポット」と呼ばれる斑点が出てくるまで待って食べた方がいいという。

いよいよ食べます

食べ頃を待つこと1週間ほど。斑点が出てきた。
こっちが買いたての頃。斑点はほとんどない。
こっちが買いたての頃。斑点はほとんどない。
まんべんなく斑点が出てきたら食べ頃の証拠。
まんべんなく斑点が出てきたら食べ頃の証拠。
剥いてみると真っ白くてキレイだ!きめが細かい気がする。
剥いてみると真っ白くてキレイだ!きめが細かい気がする。
「顔が大きいですね」とよく言われる私と比べるとこのバナナの立派さがお分かりいただけるのではないか。
「顔が大きいですね」とよく言われる私と比べるとこのバナナの立派さがお分かりいただけるのではないか。
むむっ。
むむっ。
うっまー!
うっまー!
糖度がすごい。この後、いつもスーパーで買っている一房200円弱の普通のバナナと比べてみたのだが、甘みが圧倒的に強いのだ。砂糖やクリームのコテッとした甘さではなく、後味はさっぱりしているので「なんか良いもの食べた!」という気がすごくした。

何か手痛いミスをして「罰として今日のお昼ご飯はバナナ1本ね」と言われたらすごく落ち込むと思うのだが、もしそのバナナがこの「アポ山スーパー800」だったら罰としての意味をなさなくなってしまうだろう。むしろ当たりである。いや、でもバナナ1本だけじゃやっぱり少し寂しい。せめて2本ください!
  

 
@nifty

写真ニュース