身長7mの交通安全マスコット、巨大ゴリラ「都筑まもる君」の夜の顔が怖い

2017/04/21 18:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ちしきの金曜日
 

身長7mの交通安全マスコット、巨大ゴリラ「都筑まもる君」の夜の顔が怖い

ジャングルの王者が車社会に警鐘を鳴らす!
ジャングルの王者が車社会に警鐘を鳴らす!
横浜市都筑区に「都筑まもる君」という交通安全のマスコットがいる。「マスコット」と書くと船橋や熊本などのゆるふわな存在を想像してしまうが、その正体は身長7mの巨大ゴリラだ。ハードコアな交通安全アピールを目の当たりにした。
(井上マサキ)

昼は温厚、夜は凶暴

こんなに離れていても拳の巨大さがわかる
こんなに離れていても拳の巨大さがわかる
現場は交通量が激しい片側3車線の交差点。「都筑まもる君」はその一角で車の流れを見守るように立っている。もう少し寄ってみよう。
「コラー!!」
「コラー!!」
あまりのダイナミックさに、発声可能上映なら「お母さん後ろ後ろ!」と叫ぶところだ。自転車のお母さんと比べると都筑まもる君の巨大さがわかるだろう。浜辺に打ち上げられたダイオウイカの横に漁師が寝たりするあれの原理である。
ご存じない方のために筆で名前を添える気遣いも。
ご存じない方のために筆で名前を添える気遣いも。
胸元には「絶対ダメ! スピードオーバー 飲酒運転」という魂の叫び。交通安全協会の腕章が身元を保証する。ジャングルのゴリラは争いを好まないというが、都筑まもる君もまた争い(民事裁判とか)を好まないのだ。
足元は鎖でがっちり固められている。
足元は鎖でがっちり固められている。
ちなみに、都筑まもる君は元々「恐竜の森(現在は閉園)」というテーマパークの展示物だったらしい。なんで恐竜の森に巨大ゴリラを置いたんだろう。会議が盛り上がりすぎたのかな(※参考:都筑区の巨大なゴリラは一体なんなの?[はまれぽ.com]
ビーズみたいな目をしている。
ビーズみたいな目をしている。
剥き出しの牙に比べ、意外なことに目元がかわいい。本当は怒りたくなんかないのかもしれない。ビジネス雄叫びなのかもしれない。そうかばいたくなるのだが、夜になると……。
「ジャングル ナイテル……! オレ ユルサナイ……!」
「ジャングル ナイテル……! オレ ユルサナイ……!」
ライトアップで完全に「雄」の顔になってしまうのだ……!
「ジャングル クルマ イラナイ……インシュ ウンテン ゼッタイ ダメ……!」
「ジャングル クルマ イラナイ……インシュ ウンテン ゼッタイ ダメ……!」
下から強力なライトで照らされているため、顔や腕に陰影がついて余計怖い。あのつぶらな瞳も暗闇に紛れてしまう。アゴの下から懐中電灯で顔を照らす、トラディショナルな肝試しみたいになってるのだ。

ただ、影のおかげで昼よりもボディがシャープに見える気がする。ライトアップには小顔効果もあるようだ。
「オレ ヤセテ ミエル……」
「オレ ヤセテ ミエル……」

だんだん可愛く見えてくる

この辺りは車でもよく通るのだけど、だんだんと都筑まもる君が可愛く見えてくるから不思議。地域住民へのアンケートでも99%が「必要」と答えたらしい。身長7mの巨大ゴリラでも、やはりマスコット的存在なのだった。
イラストだとグーで殴りにきます
イラストだとグーで殴りにきます
  

 
@nifty

写真ニュース