具がクルクルまわる回転火鍋に行ってきた

2017/11/08 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はっけんの水曜日
 

具がクルクルまわる回転火鍋に行ってきた

回転寿司の仕組みをかなりうまいこと応用している火鍋
回転寿司の仕組みをかなりうまいこと応用している火鍋
上海在住の友人から、中国に「回転火鍋」というものがあると聞いた。火鍋はなんとなく知っているが、回転しているのは見たことがない。それって一体どんな状態なんだろう。
(ネッシーあやこ)

回転火鍋と聞いてまず、回転している鍋が浮かんだ

火鍋は、中国発祥とされる辛みの強い鍋料理だ。近年、日本でも食べられるお店がぐっと増えている。

さて、その「火鍋」の文字の前方に「回転」がくっついた。
こんなビジュアルを想像してしまっていたのだが
こんなビジュアルを想像してしまっていたのだが
回転するのは、鍋ではなくて具の方なのだという。
回転するのは、鍋ではなくて具の方なのだという。

ビタミンカラーすぎる店内

回転火鍋は、中国国内に点在している。

今回連れていってもらったのは、上海タワーがある辺りから地下鉄で1時間弱、桃浦新村駅の近くにあるショッピングセンターの一角だ。
正面、道路の先にある建物の中に回転火鍋のお店があるという
正面、道路の先にある建物の中に回転火鍋のお店があるという
余談だが、信号待ちしているとき目の前にいた人らが持っていた黄緑のバックにとても目をうばわれてしまった
余談だが、信号待ちしているとき目の前にいた人らが持っていた黄緑のバックにとても目をうばわれてしまった
どこに売っているんだろう。欲しい
どこに売っているんだろう。欲しい
そんなバックとぐうぜん同系色の壁面だった回転火鍋のお店
そんなバックとぐうぜん同系色の壁面だった回転火鍋のお店
おおーっ、具が動いている
おおーっ、具が動いている
静止画なのでわかりづらいかもしれないのだが、焦げ茶色の容器にはいった鍋の具が、ベルトコンベアのようなものの上に乗って、左から右へ移動している。
「回転寿司の仕組みって、応用するとこんなことができちゃうのかー」という新鮮な驚きが芽生えている
「回転寿司の仕組みって、応用するとこんなことができちゃうのかー」という新鮮な驚きが芽生えている
具は、見たことあるような、ないような物が多い
具は、見たことあるような、ないような物が多い
素材に見覚えがあっても、この状態で見るのははじめて……っていうケースも多い
素材に見覚えがあっても、この状態で見るのははじめて……っていうケースも多い
具の下にはレタスが敷かれている場合が多いのだが、するとどうだろう。華やかさが3割増しくらいになるような気がする。
もしかして
もしかして
ふと思ったのだが、壁面の黄緑はレタスの応用だったりするのだろうか。
正解はわからないけど、今視界のなかは黄緑だらけでとてもまぶしい
正解はわからないけど、今視界のなかは黄緑だらけでとてもまぶしい
なにも口にしていないのに、すでに高揚が止まらなくなっている。食べよう。

注文の流れ

席に着いたらまず、鍋の味を選択する。このお店では、1人につき1つの鍋を頼むかたちだ。同行者がいても鍋はバラバラ。同じ釜の飯はつつかない仕組みになっているのだ。

もし同行者と好みの辛さの度合いが違っていても大丈夫なのはありがたい。
目の前にコンロが装備されている。電気で温めるタイプ
目の前にコンロが装備されている。電気で温めるタイプ
鍋のスープはこの中から選ぶ。ほとんど読めてないけど、選択肢が多いのはわかったぞ
鍋のスープはこの中から選ぶ。ほとんど読めてないけど、選択肢が多いのはわかったぞ
鍋の具は基本つねに目の前を巡回しているのだけど、空気にふれるとカピカピになってしまいがちな食べ物に関しては、別途注文ができる仕組みになっていた。
お肉、鮮魚、生の甲殻類などがその類い
お肉、鮮魚、生の甲殻類などがその類い
羊肉を頼みました
羊肉を頼みました
あと、種類はよくわかっていないんだけど魚
あと、種類はよくわかっていないんだけど魚
牛肉と、そしてお鍋本体とスープも届いた
牛肉と、そしてお鍋本体とスープも届いた
自宅っぽい鍋がきたぞ。風情がないといえばないのかもしれないけど、安定感はバツグン
自宅っぽい鍋がきたぞ。風情がないといえばないのかもしれないけど、安定感はバツグン
火鍋のスープにはすでに味がしっかりとついているのだが、さらにプラスαでつけだれを調合することも可能だ。
たくさんの種類の調味料が盛り放題になっている。どれが何なんだかは、初見の人(わたし)にはさっぱり見当がついてない
たくさんの種類の調味料が盛り放題になっている。どれが何なんだかは、初見の人(わたし)にはさっぱり見当がついてない
上海在住1年半の友人が「これ、○○(名称、聞き取れとれていない)だ!」と言いながら盛っているのをほほーっと眺める
上海在住1年半の友人が「これ、○○(名称、聞き取れとれていない)だ!」と言いながら盛っているのをほほーっと眺める
どうにかパクチーはわかった
どうにかパクチーはわかった
心惹かれたものを惹かれただけ、あまり深くは考えずに盛り合わせたら、パクチーの量がちょっと多くなってしまった。
バランス感覚がない
バランス感覚がない
まあどうにかなるだろう。鍋に具を入れていこう。
串刺しになっている具を、欲しい分だけひょいっとつかむ
串刺しになっている具を、欲しい分だけひょいっとつかむ
 これ、お麩だろうか
これ、お麩だろうか
まるっとしていてかわいい
まるっとしていてかわいい
鍋に入れたら浮いた
鍋に入れたら浮いた
フォトジェニックとは言いがたい光景になった
フォトジェニックとは言いがたい光景になった
でも見た目が微妙だとしても、このスープと食材の組み合わせなら、迷走する予感はしていない。きっと大丈夫だ。
うん。うまいわー
うん。うまいわー
ちなみにドリンクは好きなものを自分で取る方式である。冷えたものは奥の冷蔵庫にあった。
加多宝。辛いものを食べるときに一緒に飲むといいらしい漢方飲料
加多宝。辛いものを食べるときに一緒に飲むといいらしい漢方飲料
この飲み物、苦みのあとに甘みがくる。最初こそ「これはいったいどういうこと……」と首をひねっていたのだけど、辛さにひーひー言っている時にこれを飲むと、相乗効果でおいしいような気がしてきた。慣れなのだろうか。
水に浸された状態で巡回している食材もあった。なるほど
水に浸された状態で巡回している食材もあった。なるほど
玉子とうふもきた。ひらがな!
玉子とうふもきた。ひらがな!
これは鴨血。アヒルの血を固めたものらしい
これは鴨血。アヒルの血を固めたものらしい
見た目がちょっとレバ刺しっぽくて懐かしい気持ちになる。食感はぷるんとしていて、温めても固くならずにやわらかい
見た目がちょっとレバ刺しっぽくて懐かしい気持ちになる。食感はぷるんとしていて、温めても固くならずにやわらかい
わたし、これ好きだわー
わたし、これ好きだわー
それにしても、目が楽しい。ある程度お腹が満足してくると、食べるのをさぼって左から右に流れていく食べ物を眺めていたくもなってしまう。見ているうちに手に取りたい気持ちもつのっていく。
これ、なんだろう。唐辛子が挟まっていて凝ったつくりだ
これ、なんだろう。唐辛子が挟まっていて凝ったつくりだ
れんこんの断面は美しいなぁとあらためて思う
れんこんの断面は美しいなぁとあらためて思う
夏野菜の組み合わせがきた。これは多分、鍋に入れる前提じゃない。箸休めなのだろうか
夏野菜の組み合わせがきた。これは多分、鍋に入れる前提じゃない。箸休めなのだろうか
これも、鍋に入れる用ではないと思う。辛いもの食べているとバナナが恋しくなるのだろうか
これも、鍋に入れる用ではないと思う。辛いもの食べているとバナナが恋しくなるのだろうか
とはいえ、わりとキャパシティのあるほうだと自負している自分の胃袋にも限界は存在する。「計画的にね」っていう警鐘がごんごん鳴る。

そうなのだ。誘惑をそのままずばり直球で受け取ってしまうと大変なことになってしまう。きっと鍋から具がはみ出してしまうし、食べきれない。葛藤しながら、気になった具を写真におさめることで心を鎮めた。
締めの麺も流れてきた。麺は食べたい
締めの麺も流れてきた。麺は食べたい
漢方の効いているスープでインスタント麺を食べるの、なんか相殺されてる感じで良いなぁ
漢方の効いているスープでインスタント麺を食べるの、なんか相殺されてる感じで良いなぁ
それにしてもなぜ、壁に飾っているものがマリン風味なんだろう。壁、黄緑なのに
それにしてもなぜ、壁に飾っているものがマリン風味なんだろう。壁、黄緑なのに
と、急に壁の装飾の話を盛り込んでごめんなさい。これ、食べている途中ずっと気になっていたのだ。食べ終わると共に、そばに寄って観察してしまった。店主は海が好きなのかもしれない。
わたしがふらふらしている間に友人が会計をすませてくれていた。串に触れながら、なにかしゃべっている
わたしがふらふらしている間に友人が会計をすませてくれていた。串に触れながら、なにかしゃべっている
どうやら串の形によって値段が違っていて、さいご、串を見ながら計上する仕組みになっていたらしい。なるほど。串が、回転寿司で言うところのお皿の役割を担っていたのか。
うろおぼえなのだが、たしかこうだ
うろおぼえなのだが、たしかこうだ
一人約55元。日本円だと1000円かからないくらい
一人約55元。日本円だと1000円かからないくらい
安さを求めると、中国にはもっと安いごはんが沢山ある。でも、このお値段でここまでうきうきできるのなら悪くないんじゃないだろうか。

わたしはかなり気に入ってしまった。自宅の近所にできてほしい。そしたら通う。

マーラータンも好き

日本にすでに進出済の食べ物で、回転火鍋にいちばん似ているものって何だろうって考えたときに、ふとマーラータンが思い当たった。
上海滞在中も食べた。日本でも、たまに食べる
上海滞在中も食べた。日本でも、たまに食べる
入れる食材に関して、食べる側に選択肢があるっていいなぁって思うのだ。しかもいい具合に辛い。マーラータンのお店も、欲をいうともっと増えてほしいし自宅の近所にもできてほしい。
  

 
@nifty

写真ニュース