こたつをスキーに連れてって

2018/01/10 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広告企画♪
 

こたつをスキーに連れてって

スキーに連れてって!
スキーに連れてって!
軽い気持ちで話したことが、のちのち自分を苦しめることってありますよね。

これはこの冬実際に起きたことをまとめた記事です。こたつをソリにして吹雪のゲレンデを滑ってきました。その一部始終をおとどけします。
(安藤昌教)

ある日、養命酒に呼ばれる

養命酒製造株式会社の広告担当佐熊さん、鳥山さんから連絡が入った。

「安藤さん、ちょっと相談があるので来てもらえませんか。」

先日こたつ列車の記事をリリースしたばかりだというのになんだろう。軽く嫌な予感がした。
会議室に入った瞬間、予感当たったな、と思った。だっておかしいでしょうこれ。
会議室に入った瞬間、予感当たったな、と思った。だっておかしいでしょうこれ。
いつも打ち合わせをしている会議室へ入ると佐熊さんと鳥山さんがこたつに入っていた。

養命酒といえばこれまでもフチ子になったり爆破したりと、好き勝手にやらせてもらっていたのだけれど、今回の二人から発せられるプレッシャーはなんとなくこれまでとは違っていた。これはなにかまずいことが起こるぞ、本能がそう語りかけている。
「どうぞどうぞ。」
「どうぞどうぞ。」
「………。」
「………。」
鳥山「いまわが社がオリジナルのこたつをプレゼントしていまして。」

知っています。こたつ列車の記事もこの前書きました。

佐熊「はい。その節はありがとうございました。今回はさらにこたつをフィーチャーしてもらいたくて。」
「養命酒カラーのこたつなんです。」
「養命酒カラーのこたつなんです。」
鳥山さんいわく、養命酒こたつの暖かさを世に伝えたいのだとか。日本のどこかで寒くて困っている人にこたつを送りたい、数は限定ではあるが送りたい、できれば今月送りたい。簡単に言うと養命酒こたつが15名様にあたるキャンペーンが今月いっぱいです、ということだ。

鳥山「こたつの暖かさを表現するためには部屋の中にいてはいけないと思うんですよね。たとえばですが、空を飛べないかなと。」
「ほら、高度が2000m上がると気温は12℃下がるって言いますからね。」
「ほら、高度が2000m上がると気温は12℃下がるって言いますからね。」
たとえば、の例えが急すぎる。無理ですよねそれ。

佐熊「では海に潜るのは?」

勝手に潜る分には止めはしないが、呼ばれたからには僕が潜るんだろう。嫌だ。しかしこのままでは帰してもらえなさそうだったので「こたつをソリにしてスキー場を滑るくらいなら……」と提案してみた。
「ではそれでお願いします。」
「ではそれでお願いします。」
しまった。

これまでも打ち合わせで軽い気持ちで提案した案件が本決まりになり苦労したことが何度もあるが、今回もそのパターンだ。とりあえず有識者と相談したいのでこたつだけ送ってくださいとお願いしてこたつを出た。

ここから苦悩の日々がはじまる。


こたつはスキーに連れていけるのか。


 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース