書き出し小説大賞第138回秀作発表

2018/01/14 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャレンジの日曜日
 

書き出し小説大賞第138回秀作発表

!
書き出し小説とは、書き出しだけで成立したきわめてミニマムな小説スタイルである。

書き出し小説大賞では、この新しい文学を広く世に普及させるべく、諸君からの作品を随時募集し、その秀作を紹介してゆく。(ロゴデザイン・外山真理子)
(天久聖一)

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
新春から朗報です!急遽、書き出し小説のイベントが決定しました!
日程は2月28日。場所は渋谷ロフト9です。
現在、決まっているのはまだそれだけです!
次回には詳細がお伝えできると思いますので、いましばらくお待ちを!
それでは今回もめくるめく書き出しの世界へご案内しましょう。

書き出し自由部門

彼女はまだ、初夢の中にいる。
タクタクさん
冬の星座は、わざとらしくて落ち着かない。
住民パワー
砂鉄を集めた後、我に返る。
ヘリコプター
「欲を言えば」のあと、彼は続けざまに煩悩を108個言った。
くのゐち
数年ぶりに帰宅した父は、家でも模範囚であった。
八重樫
爽やかな笑顔でカクテルを運んできたのは、昨日融資の相談に乗ってもらった銀行員だった
sakulass
書き損じは、アートである。
ジェングウ
私には夢の中でだけ動かせる身体の部位がある。
ミミズグチュグチュ
音もなく観覧車は止まった。この遊園地は明日閉園する。
七世
まずは分娩台のプラレールを片付ける。
ウチボリ
罪をかぶり、餅をつき続けた。
suzukishika
着ぐるみを脱ぐと人は去る。
茂具田
ビール瓶だけが、この淫らな光景の目撃者だった。
iahon
おっさんにこそガードルを。
xissa
たかい、たかーい、ここは地上4000メートル
地方のパンフ
原子力炊飯器に保温の概念は無い。
マークパン助
フリージャズの男は初対面の挨拶を済ませるとCDを一枚パキリと割った。
けー
この尖った性格にインクをつけて、4コマ漫画を書く。
にら将軍ハルナ
12人の容疑者と1人のユダとサルモネラ菌を乗せて寝台列車は国境へと走って往った。
Yuzie
寸評

●タクタクさん「彼女はまだ、初夢」正月三が日がループする夢?!
●くのゐち氏「欲を言えば」言い切ったと同時に年が明けた。
●ジェングウ氏「書き損じはアート」アートの本質を言い当てていそうな気がする。
●iahon氏「ビール瓶だけが」ビール瓶の茶色い曲面が淫靡さをより増している。
●xissa氏「おっさんにこそガードル」二十代の頃、取材で女装体験したことがあるんですが、たしかにブラジャーよりガードルの方がグっと来るものがありました。
●地方のパンフ氏「たかい、たかーい」うん、高いね。バカ!
●マークパン助氏「原子力炊飯器に保温」保温以前に保有が危険!

続いては規定部門。今回のテーマは「うんこ」であった。ひりたてのうんこ、あったかいうちにどうぞ!

規定部門・モチーフ『うんこ』

便器にまたがったまま、年をまたいだ。
人馬一体勘
電車内で急に姿勢が良くなった人からは離れた方がいい。
くのゐち
上がる時もあれば、沈むときもある、まるで便器内の茶色い物体のように。
まろうん
快適なトイレが確保出来ている限り、私は無神論者だ。
noob
野糞をたどって森を脱出できた。
もんぜん
十二単の裾を持ち上げながら、ゆっくりと、慎重にうんこをした。
g-udon
たんぽぽの綿毛が止まって、可愛くなった。
井沢
彼はそのうんこを、様々な味に例えて表現した。
ぐぬぬぬぬ
上がる時もあれば、沈むときもある、まるで便器内の茶色い物体のように
まろうん
まだ臭う。そう遠くへは行ってないはずだ。
ジェングウ
湯気だ。近いぞ。
ビールおかわり
巻きグソをほどいて、北風は止んだ。
八重樫
徹底して、汚い。
iahon
オス?メス?いいえウンコです
地方のパンフ
うんこ、落としましたよ!
りんこ
秘密だけじゃないんだね、漏らしちゃいけないものは。
noob
検便の袋に書かれた氏名と年齢で、彼女が母と同じ名前で1歳年下だと知る事が出来た。
魚子
とぐろを巻いた巻いてないの論争に一息ついたところで、囚人達の自由時間は終わった。
ともきよ
ひりだされるのは何もうんこだけじゃない。当人がそう言っているのだ、まず銃を下ろしたまえ。
義ん母
ややこしいやり取りはいらない、兎に角、紙をくれ、そして、こっちを見ないでくれ。
いがそ君
「うんこをする」を言い表す言葉として、アップロードとダウンロードのどちらか良いかを考えていました。
君と僕と雨
うんこを手の甲に乗せた。
雨の日は寝る
取引先の言った「巻き糞」を私が「撒き糞」と解釈したことが、会社に2億円の損失をもたらした。
くのゐち
「では今日から、金魚のフンのポーズに入ります」と講師の声がヨガ教室に響いた。
あつし
一曲目を諦めて、うんこに集中している。
まじいい
野ぐその見張り役だった 小2の夏
かぐや
彼女の実家で、詰まった便器を見つめている。
大伴
昨日は巻子、今日は一郎。
ウチボリ
まだある。だんだん乾いてきた。
xissa
うんこは雨で溶けた。
まじいい
寸評

●くのゐち氏「電車内で急に」ホームですり足に人にも気をつけて!
●noob氏「快適なトイレが」便器とは無神論者の偶像かもしれない。
●地方のパンフ氏「オス?メス?」ウンコのキャッチコピーとしてすごくよく出来てると思う。
●君と僕と雨「うんこをするを言い表す言葉」ちなみに座薬は「インストール」
●雨の日は寝る氏「うんこを手の甲に」なにか新しい世界が開けそうな気がする。お試しあれ。
●まじいい氏「一曲目を諦めて」シチュエーションとしては大晦日の紅白かな。微笑ましい。
●かぐや氏「野ぐその見張り役」いまの仕事より断然充実してそう。
●まじいい氏「うんこは雨で溶けた」これ実体験としてあります。中学のとき友達から登校中に見事な巻グソを見たという話を聞き、学校終わったら見に行こうぜ!と仲間内で盛り上がりました。ところが午後からは雨。巻グソの無事を祈りながら終業後、自転車を飛ばして駆けつけたのですが、クソは完全に溶けてました。みんなで異常にガッカリしたのを思い出しました。

それでは次回のモチーフを発表します。
次回モチーフ
「芋」
次回のテーマは『芋』。イモと言えばオナラだったり、垢抜けないものの例えだったり、食材の中でも最も「面白い」もののひとつではないだろうか。イモの種類は問わない、あなたの筆でおいしく料理して欲しい。
締め切りは1月26日正午、発表は1月28日を予定している。下記の投稿フォームで部門を選んで送って欲しい。力作待ってます!
最終選考通過者
ポン酢助兵衛/ラスカル山田/八王寺義昭/つんざくざくろ/muddom/セダオセダ/反骨心のアップリケ/ナツ/秋沢ラコフ/もろみじょうゆ/
  

 
@nifty

写真ニュース