国内唯一、フイゴ式の鳩時計の工場見学

2018/02/14 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
はっけんの水曜日
 

国内唯一、フイゴ式の鳩時計の工場見学

時計工場を見学してきた
時計工場を見学してきた
鳩時計のなかでも、時計の中で本当に鳴いているような音が出る「フイゴ式」の鳩時計。国内でフイゴ式鳩時計を作っている会社は一か所しかない。

その工場見学へ行けることになった。鳩時計だけじゃなく時計全般の話を聞きつつ、製造の様子を見てこよう!
(さくらいみか)

フイゴ式の鳩時計工場見学に行こう

フイゴ式の鳩時計を生産してる工場へ見学に行くことになった。

フイゴ式とは、和紙で作られた蛇腹状のエアポンプで笛を鳴らす仕組みだ。
これが鳩時計に入るとこうなる。内側で鳴いてるような音だ。
鳩時計特有の懐かしい感じの鳴き声は、フイゴによって出されてるのだ。

鳩時計も電子音になりつつある昨今、このフイゴにこだわり続け、国内で唯一アナログのフイゴ機構の鳩時計を製造している会社がある。「リズム時計工業株式会社」さんだ。

その茨城の工場を見学させてもらえることになった。
最寄りは関東鉄道常総線の黒子駅
最寄りは関東鉄道常総線の黒子駅
左からリズム時計工業の青木さん、菅谷さん、古木さん、中島さん。今日はよろしくお願いします
左からリズム時計工業の青木さん、菅谷さん、古木さん、中島さん。今日はよろしくお願いします
昨年11月で67年目を迎えた「リズム時計工業株式会社」の製品は、世界で90か国以上で販売されている。国内でも(腕時計を除く)時計のトップシェアをもつメーカーのひとつだ。

工場を見学しよう

まずは案内してもらった工場の様子から紹介しよう。

そこには大量の鳩時計があり、時間の誤差チェックのために並べられているのだが、30分に一度、一斉に鳴く。

さらに一時間に一度は時計の「時」の数だけ鳴くため、共鳴し合ってるかのように「カッコーカッコー」と響き渡る。
一斉に鳴く大量の鳥……というと、なにかの前兆っぽさがある。けどここは工場だ。日常だと見る機会がないこの一斉の「カッコー」がたまらなくて、2度目は待機し、動画を撮った(これがそのときの)。

説明してもらいつつ、各自気になったものをじっくり眺めつつ案内された。
どれも気になるものばかりで、ものすごくゆっくりと進んでいく
どれも気になるものばかりで、ものすごくゆっくりと進んでいく
気になったものについては説明を受ける
気になったものについては説明を受ける
見学は主にものづくり好きな皆さんと同行していたので、「これ、買って使ってみたい」ものがたまに出現する。

袋に入ってその辺に置いてある鳥たちを見つつ、これ売ってたら買うのに……と話し合う。
一袋200羽ずつ入った鳥がその辺に置かれてて、あーこれは普通に売られてたら買う!
一袋200羽ずつ入った鳥がその辺に置かれてて、あーこれは普通に売られてたら買う!
「鳥だけじゃなく、その辺にある部品どれも単品で売って欲しい……」という声もあった。

工場内では流れ作業を手際よくこなす人や、検品する人。作業の速さに圧倒される。
見ごたえのある速さ
見ごたえのある速さ
時計に鳩時計の仕組みの部分がセットされる
時計に鳩時計の仕組みの部分がセットされる
電波時計の周波数を変えての動作テスト(関東と関西で違う)で、「これを境にあっちは40キロヘルツ、こっちは60キロヘルツの周波数になっています」とか説明されると、おお……無理に西日本の周波を作り出すのか! と、謎の感慨が……。
西日本の周波数での動作テストをするためのマシン
西日本の周波数での動作テストをするためのマシン
ほかにも、工場にさり気なく置いてあるものひとつひとつが見慣れない。
並べて寝かせられてる人形たちは……
並べて寝かせられてる人形たちは……
これのやつか……! 「人形がひもを引っ張ってベルが鳴る」っぽく見えるよう、ベルが鳴るタイミングで人形の腕が動く仕組み
これのやつか……! 「人形がひもを引っ張ってベルが鳴る」っぽく見えるよう、ベルが鳴るタイミングで人形の腕が動く仕組み
謎のパーツについて、すぐにこうやって答え合わせができるのも楽しい。
ここでしか見られない、昔から使われてるこういうケースが積んであるのもたまらない
ここでしか見られない、昔から使われてるこういうケースが積んであるのもたまらない

塗装や検証の様子を見学

職人さんが塗装する作業部屋にも入れてもらう。このタイミングでは問題なかったのだが、「入室時 防毒マスク着用の事」と貼り紙で注意が促されてた。
ひとりで作業をされていて、
ひとりで作業をされていて、
同時進行で複数個を作っていく。全部でひと月ぐらいかかる。
同時進行で複数個を作っていく。全部でひと月ぐらいかかる。
完成したらこうなる
完成したらこうなる
修理に出された商品の塗装をすることもある。その場合は色の調整をすごく細かくおこない、色を決めたら一気に塗る。
小さい板(円の中にある)に試し塗りして、乾いたあとで塗装の本番
小さい板(円の中にある)に試し塗りして、乾いたあとで塗装の本番
あとは時計の耐久性や劣化の検証実験のためのエリアだ。

温度を極端に上げたり下げたり、紫外線を当てたりし、材料の劣化具合を見る。
紫外線を浴びせるための機械……!
紫外線を浴びせるための機械……!
こういう耐久性の実験もするのか
こういう耐久性の実験もするのか

からくり時計もおもしろい

鳩時計だけではなく、からくり時計も見ごたえがある。商品点数は10型ぐらいあって、動きの種類はだいたい3種類ぐらいある。
「一体これ、誰がどう思いついてこうなるんですか……」と投げかけると「動き方のアイデアには、パターンがあるんですよ」と説明される。

まずはさっきの動画の「文字盤の回転」。

あとは「文字盤そのものがまるごと回転するタイプ」。(分針が動いてるのは、無理に時間を合わせてもらった関係なので、あまり気にしないでください)
つぎに「文字盤が分割して開く」タイプ。これは動いてるところは確認できないので、古いものを見せてもらった。
いまはもう動かない
いまはもう動かない
今でこそパターンに沿って考えていけばいいのかもしれないが、そもそも最初に思いついた人はどう考えてこうなったんだろう。

動かなくなった時計が置いてあったスペースには、ずらっとちょっと古い時計が並んでおり、これも見ごたえがある。
若干レトロだったり、デザインを見るだけでもたのしい
若干レトロだったり、デザインを見るだけでもたのしい
短時間で見せてもらった情報量があまりに多く、なんだかすごく贅沢……、いや、それどころか情報過多で最初の方で見たものが記憶の彼方だ。
時計そのものが人形っぽいものや、ゴテゴテの鳩時計やからくり時計もある
時計そのものが人形っぽいものや、ゴテゴテの鳩時計やからくり時計もある
そしてこの大きい時計は、家ではなく施設等に設置されるタイプのからくり時計だそうだ。
記念撮影が始まった
記念撮影が始まった
人形の表情が良い
人形の表情が良い
 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース