2月の記事ベスト5発表!&「未踏の地に足を踏み出す感覚」

2018/03/03 16:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
土曜ワイド工場
 

2月の記事ベスト5発表!&「未踏の地に足を踏み出す感覚」

!
こんにちは、編集部石川です。
ひな祭りですね。1月は元旦、2月は節分、3月はひなまつりと月初にイベントがあるので、年の前半は月意識が高まりますね。4月の新年度と5月のGWくらいまでこれが続くのですが、6月から急に何もなくて原野に放り出された気分になります。

さて、2月の総集編。記事のランキングと、ライター西村さん、辰井さんへのインタビューで送りします。
(デイリーポータルZ編集部)

PVランキング

アクセス数ランキングです。お祖父さんが作ったドールハウス、中学時代の姉妹制度と、他人のノスタルジーに感じ入る記事2本が話題に。
妻が「子供のころにおじいちゃんが団地っぽいドールハウスを作ってくれた」と言った。見ると、泣けるほど昭和の住宅だった。
中学時代、先輩、後輩、友達…という関係性に加えて「姉分」や「妹分」なるものが存在した。
食べ放題の殿堂すたみな太郎で「バカが考える美味しいごはん」を追求した。
いろんな部位が売られている大きめのお肉屋さんで、気になる肉を見つけた。豚のタン下と豚バラ先軟骨だ。
大豆や麦、ピーナツ、ごま、ひまわりの種を炒って、コーヒーを作ってみた。ごまはコーヒー味には遠かったが、お茶みたいで美味しかった。

SNSランキング

TwitterやFacebookなどのシェア数のランキングです。アクセス数ランキングの2本に続いて、3位にはまたも君津のノスタルジーに飛び込む記事が。5位で国会議事堂の石材を見に行った西村さんは、次ページでインタビューもしております。
中学時代、先輩、後輩、友達…という関係性に加えて「姉分」や「妹分」なるものが存在した。
妻が「子供のころにおじいちゃんが団地っぽいドールハウスを作ってくれた」と言った。見ると、泣けるほど昭和の住宅だった。
60年代後半に八幡製鉄が新工場を完成、2万人もの北九州人が移住した。君津ではもっぱら北九州の方言が使われ、九州カルチャーが街を占拠した。
仕事ごとにいつが忙しいか、いつがヒマかをアンケートで聞いてみた。6月が意外にみんなのんびりしているみたいです。
国会議事堂は国産にこだわった石材が使われている。これがいまやとんでもなく貴重な石材なのだ。専門家と見学してきた。
次はライター西村さんのインタビューです。
 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース