今週はひとあし早くGW気分が味わえます〜あと出し天気予報

2018/03/12 16:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひらめきの月曜日
 

今週はひとあし早くGW気分が味わえます~あと出し天気予報

高気圧が南から暖かな風を送り込む。今週はグングン気温上昇。
高気圧が南から暖かな風を送り込む。今週はグングン気温上昇。
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
(増田雅昭)

1週間を振り返る(東京都心周辺)

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。

成績が悪いと季節の変わり目?

ひさびさに予報の成績が悪かった一週間。

水曜(7日)は高気圧が思ったより弱く、ぜんぜん晴れず。

金曜は夕方までにやむといっていた雨が予想どおりやんだと安心していたら、夜にサーっと、まさかの雨音。まったくのノーマークだったので、あまりの驚きに、耳をふさいで、寝たふり。

…したかったが、レーダーを見て今後の動きをチェックしてしまうのが気象予報士のサガ。まだ抜けきってなかった上空の低気圧を、甘く見てしまった。

ショックを引きずってか、土曜も雨の見逃し。

先週の成績が悪かったのは、曇りや雨の日が多かったから。曇りや雨の日が多くなるのは、季節が変わり目にさしかかっている証拠。春本番が近づいてきましたね。

(で終わらしちゃダメですね。予報はずして、すみません!)
下を向いて、寝たふりしたい気分です。
下を向いて、寝たふりしたい気分です。

【今週のみこみ】今週は小笠原産の空気がやってくるかに注目

今週は、水曜(14日)か木曜頃までは、高気圧におおわれて晴れやすい。

しかも、その高気圧が南に陣取る。高気圧は風の送風装置。南に陣取るということは、南から風が吹いてくる。
今週は、南から暖かな風がどんどん来る。
今週は、南から暖かな風がどんどん来る。
暖かな南風のおかげで、水曜~木曜頃は、各地で4月後半~5月頃の暖かさに。ひとあし早く、ゴールデンウィーク(GW)気分を味わえそうだ。陽気だけだけど。

あとは、どこまで気温が上がるか。

小笠原諸島周辺からやってくる小笠原産の空気だと、けっこう気温が上がって、初夏の陽気に。ただ、そこまで南ではなく、伊豆諸島産くらいの空気だと、春の陽気どまり。

どれだけ南からググっと暖かい空気が上がってこられるかが、気温上昇のカギをにぎる。

結果は来週!
!
今週の格言
『気温は、やってくる空気の産地で決まる。春でも、小笠原産の空気がくれば初夏の陽気に。』
(…ということが多いです)

質問コーナー

寒気と暖気の間に必ずしも前線がないのはなぜでしょうか。

寒気と暖気の境目がボンヤリという判断だったのでしょう。

前線は、違う性質をもつ空気の境目に描かれます。暖かい(暑い)空気と冷たい(寒い)空気の境目に描かれることが多いですね。

ただ、「何℃の気温差があるときは前線を描く」とか、具体的な数字があるわけではありません。天気図を描く人が、どう考えるかしだいなんですよね。

なので、「寒気と暖気の境目がある」けど「そこまでスパッと境目があるわけじゃない」と判断して、前線を描かない場合があります。

あとは、天気への影響が小さい(雨雲が発生しないとか)と判断して描かなかったり、近いところに2本の前線を描けそうなときは1本は描かなかったり、という場合もありますね。

もう一つ可能性があるとしたら…描き忘れでしょうか。さすがに公式に広く配信される天気図にはない(はず)ですが、若手の予報士が夜勤で眠くて、身内で使う天気図で「うっかり前線を描き忘れた」という話を、むかし聞いたことがあります。

…ぼ、僕じゃないですよ!

詰め天気

先週の問題は、こちらでした。正解と次の問題は、来週アップします!

追加のヒントは、「寒冷前線が通過したということは?」です。

解答はこちらから↓
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。投稿はこちら。


  

 
@nifty

写真ニュース