青山のおしゃれじゃないところを伝えたい

2018/04/12 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ロマンの木曜日
 

青山のおしゃれじゃないところを伝えたい

前職時代に愛用していたわたしの好きな青山たち
前職時代に愛用していたわたしの好きな青山たち
4月である。上京したてで「都会って、東京ってこわい」と思っている人もいるかもしれない。なかでも、港区付近は敷居が高いと思われがちなエリアのひとつなんじゃないだろうか。おしゃれなマダムがつやつやした犬を連れて歩いていたり、大きな皿にちょこんとだけ載った高価な食べ物が提供されるお店がたくさんあると思っている人もいるかもしれない。

たしかにそういう風景もある。だが、そればかりじゃない。大丈夫だ。
そんな気持ちと共に、独断で寄せ集めたおしゃれじゃない「青山」をお伝えしたい。
(ネッシーあやこ)

元職場が青山です

とはいえ、そもそも「青山」ってなんだろう。厳密にいうと、港区にあるのは北青山と南青山で、ただの「青山」という地名はない。だけど、わたしたちはしばしば「青山」の存在を思い「青山」ってあんなところだなぁ、こんなところだなぁと思い思いに感じている。「青山」って概念みたいなものなんだろうか。
そこで、ライター6名に「青山」のイメージを描いてもらった。
そこで、ライター6名に「青山」のイメージを描いてもらった。
トルーさん
トルーさん
犬かわいい。そして、犬の飼い主の肩幅と帽子のツバ部分のでかさよ。
北向さん
北向さん
おお。全体の空気感から発するタイプの絵がきた! ちなみにこのタッチは、おしゃれ感を出すために限定的に使ったもので、ふだんからこういう絵を描いているわけではないそうです。
與座さん
與座さん
「ヨックモック」「PRADA」。逆にすごい具体的だ。この名前と、豪華そうな形をしたビルの形のタッグ効果で、白黒なのに彩度が増す気がするのがすごい。
井口さん
井口さん
文字情報だ!ごはんの値段は切実だ。そして「仕事できそう」と書いてあるのにどきどきした。仕事はそんなにできてなかったが6年以上青山で働いていた人間(わたし)もいる。
さくらいさん
さくらいさん
「島根イン青山(図の右側に書いてある)」ってなんだ……? 聞いたところ、青山にある、島根をコンセプトにしたホテルらしい。デザインクロスのモチーフは、島根特産のしじみ。ホームページを見てみたら「都会らしく島根らしく」とも書いてあった。島根、すげえな。
江ノ島さん
江ノ島さん
おしゃれ、そして墓のイメージらしい。ちなみに「おしゃれ町」と描いてあるすぐ右横あたりの絵はカフェらしい。当てた人は「よくわかりましたね」と筆者本人から言われていた。
解読中
解読中
と、総じてみなさん「おしゃれ」を感じているような気がする。だが実際は、わたしのように野良着でうろついているような者でも、すこやかに過ごせる空間は確かにそこにあったのだ。
稀に飲み会で行った店のデザートの盛り付け方に衝撃を受けたこともあったが
稀に飲み会で行った店のデザートの盛り付け方に衝撃を受けたこともあったが
声を大にして言いたい。あの街には魚民も和民も笑笑もあるのだと
声を大にして言いたい。あの街には魚民も和民も笑笑もあるのだと
とくに愛着のある4つを選んだのでお伝えしたい。ちなみに外苑前駅周辺に偏っているのは、わたしの元職場の最寄駅が外苑前駅だったからである。

立ち食いそば屋が味わい深い

まず伝えたいのが大好きな立ち食いそば屋だ。まずこの店の外観が、
こちらです。
こちらです。
このいでたちです。
このいでたちです。
となりは高い料理のお店です。
となりは高い料理のお店です。
食べ物に対峙する前からすでに堪らない。自動販売機にお金を入れ、ボタンを押して出てくるのは、すこし年季の入ったのっぺらぼうのプラスチックプレートなのである。
自販機も良い。
自販機も良い。
風情。
風情。
夜は1人できりもりしていることが多いようだ。
夜は1人できりもりしていることが多いようだ。
出てくる食べ物も最高だ。特筆したいのはトッピングの昆布。麺を覆い隠す勢いで、わっしゃーこんもりと盛ってもらえる。その姿がうれしすぎて、見るたびに写真におさめてしまいがちだ。
もっさもっさ。
もっさもっさ。
そして、よくわからないメニュー「旨塩」。
そして、よくわからないメニュー「旨塩」。
名前だけじゃどんなメニューか想像しづらいのだが、食べたあとでもどんなメニューなのだかを説明するのがちょっと難しい気がしている。
こんな見た目をしている。
こんな見た目をしている。
ありのままを伝えるとこうだ。塩ラーメンのスープ(たぶんインスタント)の中に、うどん(もしくはそば)が入っていて、その上にハムとたまごの天ぷらが乗っかっている。たまごはいい具合に半熟。好みでラー油をどうぞと差し出されることもある。

なぜ、この組み合わせにしたのだろうか。奇怪すぎないし、無難すぎてもいなくて、必然性があるかどうかも判断ができなくて、想像が及んでいかないのだが、そういう微妙なさじ加減がたまらない。

食べてみると、なんだか、なんとなく、ああ、これはなんだか良いものだなぁと、じわじわと美味いがせまってくる。塩ラーメンスープに浸されたうどんは、めんつゆに浸っていたころよりもだいぶケミカルだ。立ち食いそばが、必死にジャンクになってみた姿なのだろうか。

ちなみにこの日は奮発して「旨塩」に、昆布ととろろ芋のトッピングを試みたのだが「旨塩」のトッピングの要であるハムの天ぷらが品切れだったため、店主が「代わりに好きな天ぷらを頼んでいいよ」と言ってくれた。
そしてたまねぎの天ぷらを選びでてきたやつ。卵も天ぷらになってないやつが載っていた。
そしてたまねぎの天ぷらを選びでてきたやつ。卵も天ぷらになってないやつが載っていた。
もはや「旨塩」なのはスープだけだった。なんだろう、この柔軟さ。
もはや「旨塩」なのはスープだけだった。なんだろう、この柔軟さ。
 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース