5つの店の餃子を盛り合わせで食べられるフードコートが宇都宮に!

2015/11/06 11:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当たり前の旅
 

5つの店の餃子を盛り合わせで食べられるフードコートが宇都宮に!

飯テロに屈することなかれ。
飯テロに屈することなかれ。
宇都宮に餃子を食べに行く。

特に関東圏の人々には定番中の定番な観光だろう。だから、いつかは・・・と思っていてもついつい後回しにしていた私だ。
でも結論から申し上げる。すんごく楽しかった。

この記事はとくべつ企画「当たり前の旅」シリーズのうちの1本です。
(乙幡啓子)

流浪の像、そして1軒目

宇都宮には今まで何回か来たことがある。1回目は小学生の頃、親に頼んで近隣で一番近いアニメグッズ店へ連れてってもらった時だ。でも初めて来たので舞い上がり、何を買えばいいかわからなくなって「カリオストロの城」のパスケースだけやっと選んだのだった。パスなんて使う予定もないのに。

2回目はバイトで商店街の店頭販売に来たときだが長くなるので割愛する。要するに、ぼんやりした思い出ばかりの地だった、と言いたかった。

さてこの日、東京は多摩方面の自宅から宇都宮へ向かう。
宇都宮まではJRと東武線でアクセスできるが、行きは新宿から湘南新宿ラインで、まずはJR宇都宮駅を目指したい。あの像を見るためだ。
駅開業130周年ですって。さすが日本初の駅弁誕生の地(Wikipediaで調べたての情報)。
駅開業130周年ですって。さすが日本初の駅弁誕生の地(Wikipediaで調べたての情報)。
日帰り余裕コースな上、朝普通に家を出ても昼飯に間に合う距離だ。なので油断して寝坊した。11時過ぎに家を出た。

大宮を過ぎると、駅間が長く感じられる。北関東感が増してくる。しかし群馬人にとって栃木は敵地だ、心して挑まねば・・・という覚悟も特になく、天気のいい平日、14時前くらいにのんびり到着。
駅着いてすぐ、怒涛の餃子推しが待っている。
駅着いてすぐ、怒涛の餃子推しが待っている。
来るのがちょい早かった!(この日は10月下旬)。
来るのがちょい早かった!(この日は10月下旬)。
とにかく餃子。
とにかく餃子。
ところで駅の名物品陳列コーナーでは、おなじみの日光彫、夕顔の皮から作る顔の他、気になる魚モノ郷土玩具が。あとでチェックだ。
ところで駅の名物品陳列コーナーでは、おなじみの日光彫、夕顔の皮から作る顔の他、気になる魚モノ郷土玩具が。あとでチェックだ。
さて、あの像は…と西口を歩き回るが、ない! この記事では確かにここにあったのに!
当サイト・安藤さんの記事では、この右側に鎮座していた。その形跡も残っているが・・・。
当サイト・安藤さんの記事では、この右側に鎮座していた。その形跡も残っているが・・・。
急いでスマホで、像の位置に関する最新の情報を探す。・・・ほう、もっと人々の目につく場所にということで、2階のペデストリアンデッキに今年移っていたのか。
おお、なまめかしい背中を見せていらっしゃる。
おお、なまめかしい背中を見せていらっしゃる。
一度は見てみたかった餃子像がここに。
一度は見てみたかった餃子像がここに。
餃子の街・宇都宮のシンボルとしてあまりに有名な、餃子像その人である。以前はペデストリアンデッキ下の、日陰に鎮座していたが、今は陽光を浴びて輝いておられる。
自分撮り、うまくいかず。しかも今見たらなんかイモムシ写りこんでるし(中央)。
自分撮り、うまくいかず。しかも今見たらなんかイモムシ写りこんでるし(中央)。
平日の、少々人のまばらな中にぽつんと建っている餃子像を後に残し、まずはとにかく餃子を食べよう。もう14時だ、腹が減った。と、その前にぜひ覗いておきたい店がある。

しかし、こんなふうに散策しながらこの街を歩くのは初めてで、とても新鮮な気分だ。そこここに、心惹かれるものがある。しばらく画像、流しっぱなしにします。
ここの餃子像もぐっと来る。
ここの餃子像もぐっと来る。
いたるところに餃子屋(わかりにくいが写真には3軒写っている)。
いたるところに餃子屋(わかりにくいが写真には3軒写っている)。
街の中心部に川が流れてるのってたまらなく旅情感じる。
街の中心部に川が流れてるのってたまらなく旅情感じる。
おお、例の夕顔細工のお店だ。立派なたたずまい。
おお、例の夕顔細工のお店だ。立派なたたずまい。
ここ知ってたら泊まりで来ても良かった。
ここ知ってたら泊まりで来ても良かった。
お、いい庇(ひさし)の予感。
お、いい庇(ひさし)の予感。
下が昔ながらの金物屋、というのがまたいい。
下が昔ながらの金物屋、というのがまたいい。
これはなかなかの構造ですよ。壮大なガレリアにも匹敵する勢い。
これはなかなかの構造ですよ。壮大なガレリアにも匹敵する勢い。
キャプション!
キャプション
ついつい、大仰な庇に興奮して通り過ぎるところだったが、目当ての店発見。
実は下調べしてきたのです。
実は下調べしてきたのです。
駅で見かけた郷土玩具、それをまずは手に入れたくやってきたのだ。最近、旅先で郷土玩具をゲットするのがひそかな楽しみである。年をとるのも、いいものですね。
丁寧に包んでいただいてしまったので、家に帰ってからお見せします。
丁寧に包んでいただいてしまったので、家に帰ってからお見せします。
さて話を餃子に戻そう。やっとたどり着いた目当てのお店、すでに行列ができていて軽くひるむ。平日14時過ぎ、昼飯時を外したと思われたのに、すでに5名様お並び。
宇都宮といったらまず浮かぶ名前です。
宇都宮といったらまず浮かぶ名前です。
しかし私はここ初めて来たのだ。これくらいの行列、並ばなくてどうする。それにきっと回転早いはずだ。なぜならメニューが少ないからだ。ちなみにメニュー少ない店って大変魅力的ですよね。
これだけ!という潔さ、歴史の深さを感じる。
これだけ!という潔さ、歴史の深さを感じる。
列に付く。店員さんが待ち客に、前もって注文をテキパキと聞いていく。ほどなく後ろに4人並んだ。どんどん列は長くなっていく。けっこういいときに並べた、か?

しばらくの後、やっと入店をうながされると、すぐに皿が目の前に置かれた。

さてもし今ここをご覧になっているのが夜中だったら、とりあえずページは保存するなどして、後で見たほうがいいと思う。忠告はしましたよ。
焼き!水!やばい、原稿書いてる今、食べたいわ!(夜中4時)
焼き!水!やばい、原稿書いてる今、食べたいわ!(夜中4時)
中身は野菜中心であっさり目。ほのかな中華系香辛料?の風味が、絶妙に決まっている。
中身は野菜中心であっさり目。ほのかな中華系香辛料?の風味が、絶妙に決まっている。
思えば、餃子1人前をそのままひとりで全部食べることってあまりなかった。それが、席についたら私だけの餃子が、しかも2種2人前運ばれてきたわけですよ。興奮します。

本当はおかわりしたいところだったが、せっかくの宇都宮、他に目星をつけた店もある。というわけで420円払って店を出る。

すると近くにもう1店。入ろうか、入るまいか?
これまた有名店。玄関ドアまで行きかけた。
これまた有名店。玄関ドアまで行きかけた。
しかしついさっきまでもう1人前食べられそうだった胃が、なんだかにわかに満たされてきた気がする。この状態でもう1軒、というのは内容を十分味わえない可能性もある。

これは腹ごなしをせにゃならん、じゃ次はあそこを目指そう、岡の上のアレを。そこも、どうしても見てみたかった場所だった。
 つぎへ>

 
@nifty

写真ニュース