せっかちな雨雲が次々くる一週間 3連休にも? 〜あと出し天気予報

2015/11/16 16:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ひらめきの月曜日
 

せっかちな雨雲が次々くる一週間 3連休にも? ~あと出し天気予報

雲が次々にやってきて、晴天が長続きしない状態。せっかちな雲たちめ!(15日の雲。気象庁HPに一部加工)
雲が次々にやってきて、晴天が長続きしない状態。せっかちな雲たちめ!(15日の雲。気象庁HPに一部加工)
1週間の天気予報を振り返って当たったかどうかを検証する週1連載。
勝敗とその理由を振り返ります。はたして今週の成績はどうだったのか。

(本連載は振り返りが中心で、詳しい予報は行っていません。予報が見たいかたはウェザーマップなどの専門サイトをどうぞ)
(増田雅昭)

大ハズレはなかったんですが…

1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
1週間を振り返る(東京都心周辺) 予報は前日夜にこちらでやってます。
空振りはなかったが、ファールチップを繰り返した一週間。微妙に当てきれない日がつづいた。

火曜(10日)は、昼間の雨が、予想より少し長めに。木曜(12日)は、晴れてくる時間が、ちょっと遅れぎみ。ともに、上空の南風がしつこく、湿気の影響が長引いてしまった。

これは、ハズレじゃなくて「ズレ」だ。
ということで、△にさせていただきます!

日曜(15日)は、予報より早く晴れに。午後は曇ったままか、晴れてくるか悩ましかったので、「回復します」と濁しぎみに言ったが、結果は急速な晴れ。

予報で言った「寒さはマシに」どころか、生暖かい空気感に。厚着して汗ばむ人の横を、心の中でごめんなさいして通りすぎた日曜の午後。
ひどいハズレじゃなかったので、△でゆるして。
ひどいハズレじゃなかったので、△でゆるして。

フラストレーションが伝わってきた一週間でした

先週は低気圧がたびたびやってきて、晴天がつづかなかった。

季節変わりに雨が多くなるのは、お決まりのこと。気象予報士はあきらめているが、それを知らない人は「なんで秋晴れが少ないのー?」「洗濯ものがたまるだろう!」とフラストレーションが伝わってくるかたもいらっしゃる。

「先週のはじめに予報した通りなんですが…」と、言いたいところだが、火に油をそそぐだけなので、グッとこらえて、「すみません、不順な天気がご迷惑をおかけしてます」と、頭を下げる日々。

理不尽なクレームに対応する新入社員の研修とか、いちど気象予報士をやってみると、上手になるかも。

【今週のみこみ】 晴れ続かず 注目は週末の3連休に来る低気圧

火曜~木曜は、九州~本州で曇りや雨のところが多くなる。今週も“さざんか梅雨”と言われるグズグズ天気。低気圧や前線が、次々とやってくるためだ。

問題は、このさざんか梅雨が、いつ明けるか? ポイントになるのが、週末の3連休にやってくる低気圧。

いまヨーロッパにある低気圧が、消えたり、また現れたりしながら東へ進んでくる。
16日(月)の天気図。ヨーロッパにある低気圧が東へ。ごちゃごちゃした図ですみません。
16日(月)の天気図。ヨーロッパにある低気圧が東へ。ごちゃごちゃした図ですみません。
この低気圧が、日本あたりまでたどり着いて現れると、3連休のうち2日間ほどは曇りや雨に。

たどり着けなかったり、消えたままだと、3連休はそこそこ晴れる。
21日(土)の天気図。低気圧がこのまま来てしまうと、3連休はグズグズ天気に。
21日(土)の天気図。低気圧がこのまま来てしまうと、3連休はグズグズ天気に。
今年最後の3連休。
低気圧が、空気を読まず邪魔するのか、気をつかって控えめなのか。

結果は来週!
!
今週の格言
『低気圧の種はヨーロッパで先に現れることもある』

詰め天気

前回(11/2)の出題は、「この日の“仙台”は、どんな天気だったでしょうか?」でした。
2014年2月8日朝。気象庁天気図
2014年2月8日朝。気象庁天気図
2014年2月8日夜。気象庁天気図
2014年2月8日夜。気象庁天気図
この日の仙台は、朝は曇りでしたが、お昼頃から雪が降り始めて大雪に。翌日にかけて、35cmも雪が積もりました。
関東でも大雪となった日です。

原因は、本州の南を進んだ低気圧(南岸低気圧)です。
気温が低いと、太平洋側でも大雪となることがあるパターンですね。

仙台でも雨か雪は悩ましいのですが、今回はヒントを出したように-4℃台まで下がっていたので、さすがに雪でした。

このときは低気圧が陸地に近づくように北東に進んだうえ、発達しながらだったので、雪雲が北に広がりやすくなっていたんですね。風も強まりました。

ちなみに、北の高気圧は寒気を送り出す役割をしますが、津軽海峡より北にあると、より冷たい空気を送り出し、雪の確率が上がると言われています。


「氷点下の気温なので仙台で年に1回くらいの大雪に。(かずまさん)」
「仙台で78年ぶりとなる35cmの積雪(あべさん)」


そう、ひさびさの大雪でした。仙台の観測史上で、3位の記録だったんです。


「忘れることが出来ない2014年の歴史的な大雪の1回目だと思います。(naraoさん)」

ズバリの記憶力!!翌週も降ったんですよねー。


「午後から雪と言いたい所ですが、裏を読んで、ずばり晴れです。(たいわんぼうずおやじさん)」

う~、残念!今回は素直に読んでOKな問題でした。


「前回はひっかけ問題?でしたが、ここは素直に『大雪』!
 昨冬から、子供たちを雪山へ連れていくためにと、高層天気図とにらめっこするようになっちゃいました。(あにひさん)」


すばらしい!ぜひ天気図道を突き進んでいってください。


「夜には雨?分からないなりにも今回また挑戦してみました。正解にかすってたらいいなー(ふりあさん)」

その気持ちが大事ですよね!これからも挑戦してください!


今週の定石はこちら。
今週の定石
『冬に南岸低気圧が北へ進むときは、仙台も大雪のおそれがある』
今回、正解した皆さんはこちら。

はいまっとさん、TemmaRyonoさん、かずまさん、TARO☆さん、モリソンさん、yuuーfcさん、かっきーさん、naru1559さん、弘樹さん、あべさん、たまちさん、モモさん、くっしーさん、sleepyyusukeさん、当てずっぽうさん、あにひさん、とものさん、タケウマさん、うなさん、ベルヌーイさん、naraoさん、ころんぼさん。

△(半分正解):ジョン暖簾さん。

おめでとうございます!

解答してくださった皆さん、ありがとうございました。


さて、今週の問題はこちらです。

今週の問題

この日の“旭川”は、どんな天気だったでしょうか?
朝。気象庁天気図
朝。気象庁天気図

(ヒント)

・市内の中心部から離れた所では、朝の最低気温が-30℃くらいでした。
・大陸の高気圧の動きに注目です。

解答はこちらから↓
正解は再来週(11/30)に!
編集部より:増田さんへの質問を募集しています。投稿はこちら。


  

 
@nifty

写真ニュース