「タラレバ恐怖症」に陥る10・20代女性 【街頭インタビュー調査:お気に入りの冬ドラマは何…

2017/02/17 18:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10代女子たちがすでに「タラレバ」恐怖症に陥っている (C)ORICON NewS inc.

 1月クールのドラマがスタートしてからひと月半が経過。各ドラマは折り返し地点に突入し、ここからラストまでの展開が一気に楽しみになってくる状況ではないだろうか。しかし、これは毎回、ドラマを見続けている人だけに限ったお話し。となれば、「お薦めしたいドラマは何?」「今クールで一番お気に入りのドラマは何?」という質問を街角で投げかけ、見ていない人たちへドラマアピールを図ってみた。

【動画】「タラレバ恐怖症」に陥る女子の生声

 まず挙がったのは、日本テレビ系『東京タラレバ娘』(毎週水曜 後10:00)。吉高由里子演じる“独身、彼氏ナシ、仕事もイマイチ”という主人公らアラサー女子3人の“タラレバ娘”たちの奮闘を描いた作品。「面白い」、「毎週欠かさず見ている」という多くの声が聞かれた。ストーリーへの満足感を感じながらも「自分もあんな風になったら、どうしよう」(10代/女性)、「将来、絶対に(主人公のように)なる。危機感しかない」(10代/女性)、「本当に現実すぎて。現代社会の闇を描いている」(20代/女性)と若い世代でありながらも「タラレバ恐怖症」に陥り、いつしか訪れる現実に戦々恐々としていることがうかがえた。

 もし、ドラマに出遅れてしまったという方でも、後半戦からでも『東京タラレバ娘』を見てみるのはいかがだろう。ストーリーは手探りでも、アラサー前の若い女性たちが感じる「厳しい現実」を目の当たりにできるかもしれない。


オリコンニュース

エンタメ