“サソリ”の梶芽衣子、『女囚セブン』出演決定

2017/03/21 05:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かつて女囚役で人気を博した梶芽衣子が剛力彩芽主演、テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『女囚セブン』に出演(C)テレビ朝日

 女優の剛力彩芽主演で、女子刑務所を舞台にしたオリジナルストーリーを描くテレビ朝日系新ドラマ『女囚セブン』(4月21日スタート、毎週金曜 後11:15※一部地域で放送時間が異なる)に、女優の梶芽衣子が出演することがわかった。梶といえば、1970年代に大ヒットした映画『女囚さそり』シリーズを思い浮かべる人も多いだろう。今回は女囚役ではなく、“女囚となってしまう”主人公・琴音(剛力)の育ての親で、置屋の女将・一条涼を演じる。

法務大臣役で高嶋政伸の出演が決定

 女囚を題材にしたドラマの企画を聞いて、「ずいぶん思い切ったことをされるのね、と思ったのが第一印象でした」と語る梶。出演を打診され、「やはり私は女囚の役なのかしら、刑務所の中の古株で、新しく入ってきた剛力さんのことをいじめたりする役なのかしら、と思ったのですが、違ったのでホッとしました。剛力さんの育ての親だということでしたので、あ、なるほどね、と」。

 最近、女囚を題材にしたドラマが世界各国で放送されていることにも触れ、『女囚セブン』は「非日常的な世界を描き、それを覗き見るというのは面白いですね。しかも、それを陰々滅々とした雰囲気ではなく、コメディー要素を入れて明るく描くというのがとてもすてきですし、異色のドラマになるのでは。どんな風に展開していくのか、私自身も楽しみです」と期待を寄せている。

 梶が演じる涼は、琴音の無実を信じ、塀の外から彼女をバックアップしていく。琴音の“出生の秘密”や“父親の正体”も知っていそうなキーパーソンとなる。

 このほか、次期総理大臣の呼び声も高い法務大臣・内藤裕次郎役で高嶋政伸の出演が決定。表向き“庶民派”を装い、「女性の人権尊重」を叫んでいるため人気が高いが、裏ではまったく違う顔を見せる。高嶋は「剛力さんとは初めての共演なのですが、京都の芸妓さんの役ということで、女囚姿で京都弁を話す剛力さんを早く拝見したいです。そして梶芽衣子さん! 僕、大ファンなんです! 女囚といえば梶さんですよね(笑)。何度もご一緒させていただいていますが、今回の共演もとても楽しみです!」とコメント。善の顔と悪の顔を使い分ける高嶋の怪演にも注目が集まりそうだ。

 ほかに、琴音が収監される花園刑務所の所長・恩田健郎役=池内万作、同刑務所・刑務官の百目鬼幸子役=宍戸美和公、新人刑務官・立原桐子役=内藤理沙、刑務所イチのイケメン刑務官・大平仁役=田村健太郎、同刑務所の処遇部長・一本松昇役=永野宗典らの出演が決定している。
ORICON NEWS

エンタメ