大原櫻子、初単独MCに充実感「すごく成長できた」

2017/03/21 07:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽番組で初単独MCを務める大原櫻子 (C)ORICON NewS inc.

 歌手で女優の大原櫻子(21)が、映像配信サービス「GYAO!」で8日よりスタートした音楽トーク番組『さくch』(読み:さくちゃん)で、自身初となる単独MCに挑戦している。持ち前の明るさと人懐っこさで、共演者からさまざまな話を引き出している大原だが「普通の音楽番組よりは楽曲についてではなくて、普段の話とかを聞ける番組で、アーティスト自身をのぞくことができる内容になっています。皆さんが自然としゃべってくださっているので、私はゆるーく進めています」と本人はいたって謙きょだ。

【写真】オリジナルVRスコープを手に笑顔を見せる大原櫻子

■初回ゲストのスカパラとコラボ約束 櫻子流のMC術の極意とは?

 タイムリーなアーティストをゲストに招き、トークを中心にその音楽と人の魅力に迫っていく同番組は、ゲストトークに加えてGYAO!の「音楽ミュージックビデオ再生ランキング」なども発表。3DVRでも配信され、スタジオの臨場感あふれるバーチャルな世界観を堪能することができる。初回は東京スカパラダイスオーケストラを迎え、互いに面識のある音楽プロデューサー・亀田誠治氏の話題や、よく訪れるという三軒茶屋のトークで大盛り上がり。最後にはコラボの約束まで取り付けるなど、中身の濃い内容となった。

 そんな記念すべき初回の収録を振り返り「スタジオに9人ギュッと詰まってやらせていただいたのですが、深いところまでお話することができましたし、共通の話題では、わちゃわちゃ話していました。そういった雰囲気が『さくch』の良さなのかも」とにっこり。年齢差をものともしないMC術の極意については、目を輝かせながら次のように語る。「けっこう好奇心がある方なので、知らないことを教えてもらうことが楽しい。人の話を聞くと、もうひとつ人生観が生まれるような気がして、それは大事にしたいなと思いますね」。

 2回目は、同い年で私生活でも親交のある藤原さくら(21)。普段は、音楽観から恋愛までさまざまな話をする仲だというが「番組でも、本当にプライベートのままでしたね(笑)。彼女の魅力が満載の回になっていると思います。私の『大好き』という曲を、ギターで弾き語りしてくれて、そこもとっても貴重でした」と手応えをにじませた。22日に配信される第3回は三森すずこ、29日配信の第4回はJuice=Juiceと、今後も魅力的なラインナップが続く。

■MC挑戦で収穫「すごく成長できた」 マルチ活動続ける秘けつを告白

 MCとしてさまざまなジャンルのアーティストを迎えてきた大原だが、自身にとっても大きな収穫があったと明かす。「いろんな方たちと気持ちを共有することができて、同じ仕事をする人間としてすごく成長できた気がします。相手が話したいことってなんだろうって考えるようにしようと思っていましたが、皆さんが楽しそうに話してくださっていたので、それはすごく良かったなって思いました。でも、やっぱり反省もいっぱいありますね。プロの方は引き出しや相手への興味の示し方、質問の数も数え切れないくらいあるし、緊張を解きほぐすような司会の仕方がスゴいですね」。

 歌手、MCとして活躍する傍らで、5月からは初主演ミュージカル『Little Voice(リトル・ヴォイス)』がスタート。マルチな活動を精力的に行う秘けつについて「母の料理です! すごく元気の源になっています。あとはそれこそ友だちと休みの日にしゃべるのがすごく好きですね」と即答した。「未知のものに飛び込んでいくことがすごく好きで、それはガンガン行きたいタイプ。これからもお芝居と歌を極めていきたいです」。これから迎える春本番、大原櫻子の魅力がさらに開花していきそうだ。

■大原櫻子の音楽トーク番組『さくch』
配信日時:毎週水曜 午後9時
配信形態:2D配信+3DVR配信
番組URL: http://gyao.yahoo.co.jp/special/music_talk/
オリコンニュース

エンタメ