桐谷美玲×吉田ユニ『人は見た目が100パーセント』ポスター公開

2017/03/21 12:01 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』ポスタービジュアル完成 (C)フジテレビ

 女優の桐谷美玲が主演するフジテレビ系連続ドラマ『人は見た目が100パーセント』(毎週木曜 後10:00)のポスタービジュアルが解禁された。今回、メインキャラクターとなる冴えない“リケジョ”(理系女子)を演じる桐谷、水川あさみ、ブルゾンちえみと新進気鋭のアートディレクター・吉田ユニがコラボレーション。リケジョらしく、白衣姿にフラスコやビーカー、試験管などの実験器具をモチーフに顔をゆがませたりパーツを拡大させたりと“見た目”の大切さやメイクに欠かせないポイントを強調し、ドラマの世界観を体現させている。

【写真】女優デビューを果たすブルゾンちえみ

 ラフォーレ原宿、野田秀樹氏の舞台『THE BEE』『半神』のアートディレクション、木村カエラやChara、Perfume、星野源のCDアートワーク、LUMINE“IT'S NEW ”WEEKのキャンペーンビジュアル、渡辺直美展のアートディレクションを手がけてきた吉田は、桐谷とはファッション誌の企画ページや報道番組の特集企画でリポートや対談を重ねてきた。

 桐谷はポスターのラフ案を見たときから「とてもかわいらしくて、でも少し毒気がある独特の世界観満載で、このドラマにどうマッチしていくのか、ものすごく楽しみでした」と心をときめかせ、「撮影は、ユニさんの頭の中にある完成されたデザインに近づけ、超えていけるように頑張りました。実験器具で顔の一部が変化する不思議なデザインで“理系女子”を表現していただき、ドラマの内容にぴったりのとても目を引くポスターに仕上げていただいたと思います」と大満足。

 水川は主演のドラマ作品『東京女子図鑑』(Amazonプライム・ビデオ)のメインビジュアルのデザインも吉田が担当したことから、「ユニさんの撮影は毎回感性が刺激されます」と脱帽し、吉田のインスタグラムをフォローするほど大ファンだったというブルゾンは「吉田ユニさんが撮って下さることをポスター撮影当日に知りまして、『え!!! あの吉田ユニさんですか!!!?』 『えーーー!!! うそー!!!」』って大興奮で跳ね上がってました(笑)すごく楽しくて、興奮した撮影でした!」と大喜びで語った。

 そんな3人との縁もありながら作品を手掛けた吉田は「今回ご一緒させていただき、三者三様のキャラクターがとても際立っていてビジュアル作りがとても楽しかったです。皆さんと試行錯誤しながらいろんな角度を探り、楽しく撮影ができました」と充実した様子。「ドラマの完成も待ち遠しいです!」と期待を表している。
ORICON NEWS

エンタメ