柴咲コウ、『直虎』の1年振り返る「大きな経験」

2017/11/15 14:09 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大河ドラマ『直虎』の撮影を振り返った柴咲コウ(C)ORICON NewS inc.

 女優の柴咲コウ(36)が「今、最も輝いている女性」を表彰する『HUBLOT LOVES WOMEN AWARD 2017』を受賞し15日、都内で行われた表彰式に出席。今自分を輝かせているものを聞かれると、1年以上行ってきたNHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の撮影を振り返り「大きな経験であり、糧になりました」と実感を込めた。

【全身ショット】ブルーのロングドレスで登場した柴咲コウ

 撮影は10月にクランクアップしたが、「1年以上毎日撮影していたので、疲弊してクタクタになるのかと思ったら、スタッフの方がものすごく元気ですし、出演者の方も裏表なく近づいてくれてみんなでご飯に行くこともできた。エネルギーの交換を感じながらできたので、終わったとき『私、元気だな』って思えるくらい、元気をいただいた」と笑顔を見せた。

 女優業のほか、歌手としても活動し、最近ではLes Trois Graces Inc.のCEOを務めるなど多方面で活躍している柴咲。その秘けつについて「持って生まれた性格っていうのはあると思います」と分析しつつ、「来年で芸能活動20周年になるので、その間にたくさんの方と出会って学びを経験して、やるべきこと、したいことを見つけてきた気がします」と話していた。
オリコンニュース

エンタメ