出川哲朗、石破元防衛大臣にまさかの提言 “Jアラート”「もうちょっとわかりやすく」

2017/12/07 15:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月7日放送の日本テレビ系『出川哲朗のアイ・アム・スタディー』に出演する出川哲朗 (C)日本テレビ

 タレントの出川哲朗がMCを務める7日放送の日本テレビ系冠番組『出川哲朗のアイ・アム・スタディー』(後7:00)で、「Jアラート」について学ぶべく石破茂元防衛大臣を先生として迎えることがわかった。一見、絶対に噛み合わなそうな組み合わせだが、果たして“授業”の行方は…。

【前回は…】田原総一朗とガチ討論

 同番組では2017年話題になったトピックスや新常識について、日本トップクラスの専門家が出川にわかりやすくレクチャー。前回は、田原総一朗とコンプライアンス問題についてのリアルディスカッションや史上最悪最強といわれた外来種・ヒアリとロケシミュレーションなどを行った。

 オープニングから「めちゃくちゃ不安」と弱気な出川に、ゲストのバイきんぐ・小峠英二は「こっちのほうが不安」と困惑。平成ノブシコブシ・吉村崇から「PM2.5ってわかります?」と質問されると、出川は「バカにしすぎだよ」と笑いながら「午後2時…」と答えて、スタジオを一気に不安ムードに陥れる。

 そんな出川が今回、勉強する「Jアラート」だが、のっけから「新しくできたジェラートです」と言う出川に「日本の将来は大丈夫ですかね…」と肩を落とす石破氏。「Jアラート=瞬時警報システム」という説明を聞くと出川は「難しいですね、先生もうちょっとわかりやすく“日本警報”の方がおじいちゃんおばちゃんもわかるんじゃないですかね」とまさかの提言。石破氏を「うん、まぁ考えます…」とタジタジにさせる。

そして、防衛の例えで出てきた映画『シン・ゴジラ』の話では「モスラ派かギドラ派」で2人が大盛り上がり。脱線に次ぐ脱線でなぜか最後は「UFOはいる!」と握手を交わすなど意気投合。石破の丁寧な説明を受け止めた出川は「この人はまっすぐな方なので、僕も神輿(みこし)を担ぎます!」と宣言していた。
ORICON NEWS

エンタメ