【紅白】「蛍の光」新指揮者に都倉俊一氏 平尾昌晃さん後任「大変光栄なこと」

2017/12/07 15:15 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「蛍の光」の新しい指揮者が都倉俊一氏に決定

 大みそかの『第68回NHK紅白歌合戦』(総合)で、恒例の「蛍の光」合唱の新たな指揮者を作曲家・都倉俊一氏(69)が務めることが7日、わかった。昨年まで指揮を務め、今年7月に亡くなった平尾昌晃さん(享年79)の後任となる。

【紅白特集】出場者一覧 会見のフォトギャラリーも

 番組公式サイトにコメントを寄せた都倉氏は「紅白歌合戦の『蛍の光』の指揮の依頼を受けた時、さまざまな感慨がわいてきました。子供の頃見ていた藤山一郎さん、そして宮川泰、平尾昌晃の両先輩の後を継ぐことになり、大変光栄なことだと感じています」と大役への心境をつづっている。

 また「長年、紅白で私の楽曲の多くが歌われてまいりましたが、作曲家の私が直接かかわったことはありませんでした。いつも一視聴者として楽しんでいた紅白にかかわることになり、ご依頼を受けたときは一種の緊張感を覚えました」と語り、「一年を締めくくる紅白の『蛍の光』を会場の皆さん、そして全国の皆さんと力いっぱい歌いたいと思います」と意気込んでいる。

 「蛍の光」は毎年、紅組・白組の勝者が決定した後、番組の最後に出演者全員で歌われる。これまでの歴代指揮者は藤山一郎さん(~第43回)、宮川泰さん(第44回~第56回)、平尾昌晃さん(第57回~第67回)が担当してきた。

 都倉氏は1970年代から作曲活動を始め「日本レコード大賞 作曲賞」「日本歌謡大賞」「東京音楽祭最優秀作曲賞」「日本セールス大賞 作曲賞、編曲賞」「日本レコード大賞」など、日本の主要な音楽賞の数々を受賞。世に出したヒット曲数は1000曲を超え、レコード売上枚数は4千万枚を超える。
ORICON NEWS

エンタメ