藤井弘輝アナ、ピアノロックのカリスマと初セッション

2017/12/08 06:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

音楽番組『Tune』で藤井弘輝アナとアンドリュー・マクマホンのセッションが実現 (C)フジテレビ

 フジテレビの藤井弘輝アナウンサーが、自身がMCを務める14日放送の同局系深夜音楽番組『Tune(チューン)』(毎週金曜 深2:25)でピアノロックのカリスマ、アンドリュー・マクマホンと初セッションを行った。ドラムの経験を持つ藤井アナは、「カホン」(ペルー発祥の箱型打楽器)を使用し、CMソングでおなじみの「ファイヤー・エスケイプ」を即興で奏でた。

【写真】アンドリューと握手を交わす藤井アナ

 アンドリューが日本人が演奏する打楽器とセッションを行うのは今回初。アンドリューの美声と可憐なピアノ演奏に藤井アナの奏でるリズムが絶妙に調和していった。セッション後、藤井アナは感極まった表情で「生きててよかった!」と目をうるませた。アンドリューから「最高のセッションだったよ!」と声をかけられると、固い握手を交わした。

 藤井アナは収録を振り返り「セッションを始めたとたん、“カチッ”という音が自分の中でしました。お互いの音楽がはまった瞬間です。音楽が全身に電流のように流れました。アンドリューとのセッションはまるで夢のような時間でした。僕の中で永久保存版です。アナウンサーになって本当によかったとしみじみ思いました」と大満足。

 そんな藤井とのセッションにアンドリューも「大変すばらしいセッションだったよ。藤井アナウンサーがここまで叩けるとは正直予想外だった。彼はとてもいいものを持っている。今日会えて、セッションができて本当によかった」とコメントした。
ORICON NEWS

エンタメ