ビートたけし、爆問・太田の『新しい地図』映画監督を祝福「いいね!」

2017/12/19 06:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『新しい地図』の映画監督を務める太田光(右)を祝福したビートたけし(左) (C)ORICON NewS inc.

 ビートたけしとお笑いコンビ・爆笑問題が18日、大みそかに放送されるTBS系のスポーツ大型特番『KYOKUGEN』(後6:00)収録後の囲み取材に出席。それぞれが、今年1年の活動を振り返る場面で、太田光が「僕はいつも通りに、特に何も」とつぶやくと、相方の田中裕二が「この間、元SMAPの『新しい地図』の監督をするということが発表になって…」と続けた。

【写真特集】かわいい…“ありのままの姿”を公開した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が共同で立ち上げたサイト『新しい地図』による映画『クソ野郎と美しき世界』(2018年4月6日公開)は、太田のほかに映画監督の園子温氏と山内ケンジ氏、映像ディレクターの児玉裕一氏が担当。太田は、草なぎが出演する作品でメガホンを取ることになるが、たけしはこの取材の場でそのことを知ったようで「あっ、そうなの? いいねー!」と祝福した。

 そこから、なぜか話題は草なぎの「なぎ」の漢字表記へと脱線。たけしが「なぎっていうのは、お粥みたいな字を書くだろ? 未だに書けないんだよ」と口火を切ると、太田も「いっつも(ネットなどでは)あの字を説明するのに、弓へんに何とかって書いているよね」とコメント。田中も「あれ(がちゃんと表記される)活字ができないものかね」とひとしきり漢字談義に花を咲かせていた。

 同番組はトップアスリートたちの“極限”に迫るスポーツバラエティー。今回は、今年現役を引退したフィギュアスケーター・浅田真央が一夜限りのパフォーマンスを披露するほか、ボクシングの王座統一戦・田口良一対ミラン・メリンド、ボブ・サップ対野生グマなど、バラエティー豊かな対決が行われる予定となっている。

 今年で6回目となるが、たけしは「6年もよくやったよね」とチクリ。一方、田中は「今回はちょっと毛色が違って、太田さんのプレゼン企画があって、全く思いもよらない着地をする企画などもありました。スタジオゲストにおぎやはぎがいたので、トークがにぎやかになって楽しかったですね」と手応えをにじませていた。
ORICON NEWS

エンタメ