八乙女光、関ジャニ丸山の“楽屋のれん”に感激 高木雄也はKAT-TUN・亀梨に急きょ依頼

2018/05/28 04:00 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

舞台『薔薇と白鳥』でダブル主演を務めるHey! Say! JUMPの(左から)高木雄也、八乙女光 (C)ORICON NewS inc.

 Hey! Say! JUMPの八乙女光と高木雄也が27日、都内で行われたダブル主演の舞台『薔薇と白鳥』公開ゲネプロ後の囲み取材に出席。4年ぶりの舞台出演となる八乙女は、関ジャニ∞・丸山隆平に“楽屋のれん”を作ってもらったといい「丸山くんに『尊敬しているので作ってください』って連絡させていただいたら『僕でいいんですか』って言ってくださって」と経緯をうれしそうに明かした。

【写真】そのほかの舞台『薔薇と白鳥』取材写真

 のれんのデザインについては「僕が使っているベースと、普通は(送り主の)お名前が書かれると思うんですけど、シュって丸(のマーク)だけが描いてあって、粋だなと思いました」とにっこり。「本当にうれしいです。なんか先輩のパワーを感じて、もらっている気がしてうれしいです。のれんは毎日見るものなので」と言葉に力を込めた。

 一方の高木は「僕は今、絶賛作ってもらっている最中です。そうやって作ってもらうものだということをあまり知らなくて…」とポツリ。「それを聞いてすぐに亀梨(和也)くんに連絡させてもらって、その前にドラマをやらせてもらっていたので『すみません、お願いできませんか?』と聞いたら『言うのが遅いから。なんとか間に合うように急いで作るから』って言ってくれたので、たぶんまもなく届くと思います。急だったので申し訳ないです」と心意気に感謝した。

 グループのメンバーの反応についての話題では、八乙女が「バラバラに見に来てほしいと伝えています。いっぺんに来ちゃうと1日で終わってさみしいので…山田(涼介)がすごく楽しみにしてくれているみたいで、しょっちゅう『せりふ覚えた?』って言ってくるんです。台本もらって3日目くらいに言われたから『まだだから』って返しました。台本をチラッと見せたら『あーヤバいね』って言っていましたね」とほほえましいやりとりを明かしていた。

 これまでに数多くの舞台作品の脚本・翻訳・演出を手がけてきた演出家・G2が、シェイクスピア誕生の秘話に迫る歴史ミステリーを書き下ろし。16世紀末の英国に実在した同い年の天才劇作家、クリストファー・マーロウ(八乙女)とウィリアム・シェイクスピア(高木)の運命的な出会い、友情、葛藤、対立、そして大いなる秘密を描き出す。

 囲み取材にはそのほか、武田真治、佐藤B作も出席。同作は、6月24日まで東京グローブ座で上演される。
ORICON NEWS

エンタメ