スピワゴ井戸田、相方・小沢の“キャラ進化”嘆く「まともな会話できない」

2018/06/14 12:17 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相方・小沢一敬(右)の“キャラ進化”を嘆いたスピードワゴン・井戸田潤 (C)ORICON NewS inc.

 お笑いコンビのスピードワゴンが14日、都内で行われた『Booking.com Cafe(ブッキング・ドットコムカフェ』オープン記念イベントに出席。持ちギャグの「あま~い」を通り越して、最近そのキャラクターに磨きがかかっている小沢一敬に対して、相方の井戸田潤は「小沢さんは、ここ2~3年“小沢”が濃くなってきていて、僕も戸惑っています」と嘆いた。

【全身ショット】夏らしいスカートでスタイル抜群の佐野ひなこ

 この日のイベントでも「女の子は口説いたり、落とすんじゃない。上げるんだ」といった名言(?)をさく裂させていた小沢だが、井戸田の指摘を受けて「なんて言うのかな…、死を意識し出した時から『なるようになれ』と思うようになった」とキャラの進化を説明。自身の老いを感じる瞬間があるようで「加齢がすごいというか、白髪も身体中から出てきましたし、朝起きる時も腰の力で起きられなくて、こうやって起きているんです」と身振りを交えて熱弁した。

 マイペースを貫く小沢に対して、井戸田は「あのね、小沢さんに『どうして』という質問を投げかけると、逃げちゃうから。受け入れないとダメなんです」と対処法をレクチャー。「小沢に正論言うのやめません」と“YAZAWA”ばりのテンションで呼びかける相方に、井戸田は「小沢さんといると刺激的ですよね。まともな会話ができないから、こっちが合わせるしかない。なので、僕の人間力が上がりました」と笑わせていた。

 同カフェは、長期休暇で国内外の旅行へ出かけたくなる夏休みを目前に、ひと足先に夏のリゾート休暇気分を味わいながら夏休みの予定を計画してもらうために「サマーリゾートでの滞在」をコンセプトとしている。

 イベントにはそのほか、佐野ひなこも出席。同カフェは、東京・港区のCOMMUNE 2ndで、あす15日から24日の10日間限定でオープンする。
ORICON NEWS

エンタメ