【YouTubeチャート】MOMOLANDの新曲「BAAM」が「楽曲ランキング」3位に登場

2018/07/12 12:11 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」TOP3(7月2日~8日集計)

 7月9日に発表された「週間YouTubeチャート」(集計期間:7月2日~7月8日)では先週のBLACKPINKに続き、K-POP関連アーティストの好調が目立つ結果となった。

【動画】急上昇! MOMOLAND「BAAM」のMV

■MOMOLAND「BAAM」がTOP3入り、K-POP勢が好調キープ

 「楽曲ランキング」では米津玄師「Lemon」、DAOKO×米津玄師「打上花火」に続き、3位には、韓国のガールズグループ・MOMOLANDの新曲「BAAM」がランクイン。同楽曲の公式ミュージックビデオは6月26日に配信を開始し、すでに総裁回数は2700万回を突破。また、日本デビューシングル「BBoom BBoom」も同時TOP10入りこそ逃したものの、12位にランクイン。同作は6月13日にCD発売され、6/25付オリコン週間シングルランキングでは4位に初登場していた。MOMOLANDは6月15日、17日に東京・大阪にて日本では初となるファンミーティングを開催。6月30日放送の『MUSIC FAIR』(CX系)にも出演するなど、注目度が急上昇している。

 「アーティストランキング」では、米津玄師、TWICE、BTS、ONE OK ROCK、AKB48、WANIMAらが上位をキープするなか、「楽曲ランキング」と同様、MOMOLANDが上昇し、7位に。また、6月27日に待望のニューアルバム『初恋』をリリースした宇多田ヒカルが10位にランクインした。

■TOP10圏外ではOfficial髭男dism、あいみょん、バルーンに注目

 TOP10圏外での注目作は、「楽曲ランキング」17位、「ミュージックビデオ」で14位にランクインしたOfficial髭男dism「ノーダウト」。同楽曲は、長澤まさみ主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』(CX系)主題歌に起用。ドラマ放送中はもちろん、放送終了後もYouTubeのほか、各音楽配信サービスで高い人気を続けている。

 また、「アーティストランキング」18位、「ミュージックビデオランキング」20位を獲得した、あいみょんの2ndシングル「愛を伝えたいだとか」は昨年からロングヒットを記録中。同楽曲は17年5月にリリース。その後、17年9月に1stフルアルバム『青春のエキサイトメント』を発表すると一気に人気が拡大。若年層を中心に支持を集めている。

 このほか、須田景凪の音楽プロジェクト・バルーンの楽曲「シャルル」が「楽曲ランキング」18位にランクイン。当初はボカロ系クリエイターとして活動し、同楽曲を配信。それを16年10月にセルフカバーした「シャルル/バルーン(self cover)」を配信すると、これが話題を集め、現在では総再生回数950万回超を記録するヒット。米津玄師のように、ボカロ系クリエイターからシンガー・ソングライターへと活動の場を広げ、J-POPシーンで活躍するアーティストは多い。バルーンもさらなるブレイクが期待される。

【ランキング説明】
『楽曲ランキング』※YouTubeで最も再生された曲
「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。なお、「楽曲ランキング」には、YouTubeにおける視聴者の傾向、およびアーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新。


『アーティストランキング』※YouTubeで人気のアーティスト
「アーティストランキング」は、アーティストによる音楽関連動画全体の合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新


『ミュージックビデオランキング』※多く視聴されたミュージックビデオ
「ミュージックビデオランキング」は、YouTubeで最も多く視聴されたフルバージョンの公式ミュージックビデオの再生回数から生成されるチャート。
※日本時間・毎週月曜日更新
ORICON NEWS

エンタメ