独ドルトムント爆発:28歳男を拘束 株価操作が目的か

2017/04/21 16:40 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ベルリン中西啓介】ドイツ西部ドルトムントで、サッカー1部リーグ・ドルトムントのチームバスが狙われた爆発事件で、独連邦検察は21日、株価を操作する目的で事件を起こしたとして、ドイツとロシアの二重国籍の男(28)を殺人未遂や傷害などの容疑で拘束したと発表した。

 連邦検察によると、男は事件当日、現場付近のドルトムントチームが利用していたホテルに滞在し、ホテルのインターネット回線を利用してドルトムントチームの関連株1万5000株について、一定額で販売する権利(プットオプション)を購入していた。

 プットオプションは、株価が大きく値下がりするほど、権利を行使した人の得られる利益が増える仕組み。男はドルトムントの選手が重傷を負ったり、死亡したりすることで、大幅に株価を下落させようとした疑いが持たれているという。

 男は南西部テュービンゲンで、連邦警察の特殊部隊により拘束された。独誌シュピーゲル(電子版)は金銭が動機の犯行との見方を報じ、「ドイツの犯罪史上、おそらく前例のないもの」としている。無線式の起爆装置が使われており、捜査当局は今後事件の背後関係の捜査を行う。

 事件は今月11日に発生し、選手1人が腕を負傷した。連邦検察は当初、事件現場にイスラム過激派の犯行を示唆する声明が残されたことから、過激派の犯行を視野に捜査を開始したが、専門家の鑑定で声明の信ぴょう性に疑問の声も上がっていた。

毎日新聞

国際

国際一覧>