プーチン大統領:プレゼントの子犬にキス 65歳誕生日

2017/10/12 09:46 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアのプーチン大統領は11日、南部ソチで会談した中央アジア・トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領から、7日の65歳の誕生日を祝って自国産のアラバイ犬の子犬をプレゼントされた。犬好きで知られるプーチン氏は、小熊のようにプクプクした子犬を抱き上げ、おでこにキスした。

 アラバイ犬は中央アジア・シェパードの一種で、カーペットや馬(アハルテケ種)と共にトルクメニスタンのシンボルとなっている。ベルディムハメドフ氏は会談冒頭、子犬の首を片手でつかんで持ち上げて披露した。「ベルヌイ」(ロシア語で「忠実な」の意味)と命名されたという。

 プーチン氏は2012年に秋田県から秋田犬「ゆめ」を贈られた。露国営テレビによるとその2年前にはブルガリアから「バッフィ」という名の犬をプレゼントされている。

毎日新聞

国際

国際一覧>