イスラエル警察:ネタニヤフ氏起訴勧告 収賄や詐欺罪など

2018/02/14 19:35 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【エルサレム高橋宗男】イスラエル警察は13日、2件の汚職疑惑を巡り、ネタニヤフ首相を収賄や詐欺、背任の罪で起訴するよう勧告した。正式起訴に踏み切るかどうかの判断は司法長官に委ねられる。長官の方針が決まるまで数週間から数カ月かかる見通し。ネタニヤフ氏は疑惑を否定し、辞任の意向はないと強調している。

 警察の声明によると、ネタニヤフ氏は米ハリウッドの大物映画プロデューサーやオーストラリアの富豪からシャンパンや葉巻、貴金属など100万シェケル(約3000万円)以上に相当する高額な贈り物を受け取った。また、イスラエル有力紙イディオト・アハロノトの発行人に対して、便宜を図る見返りに首相に好意的な報道を求めた。

 ネタニヤフ氏は13日、国民向けの声明をテレビで発表し、「いずれ真実は明らかになる」と強調。引き続き首相として国を率いていく考えを示した。イスラエルでは、首相が警察の起訴勧告の対象となったり、違法行為で正式起訴されたりした場合でも、辞任の義務はない。

毎日新聞

国際

国際一覧>