ドイツ:ネオナチ首謀格の女に終身禁錮 移民ら10人殺害

2018/07/11 20:04 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ベルリン中西啓介】ドイツで移民ら10人が連続して殺害された事件で、独南部ミュンヘンの上級裁判所は11日、極右ネオナチ組織の首謀格の女、ベアーテ・チェッペ被告(43)に求刑通り最高刑に当たる終身禁錮を言い渡した。戦後のドイツでネオナチによる最悪の犠牲を出した事件とされ、独社会に大きな衝撃を与えた。

 判決などによると、ネオナチ集団「国家社会主義地下組織」(NSU)のメンバーだったチェッペ被告は2000〜07年、仲間の男2人とともに独各地でトルコ系などの男性9人とドイツ人女性警察官1人を射殺した。事件は11年、信用金庫襲撃容疑で警察に追われた男2人が自殺し、チェッペ被告が警察に出頭したことで明るみに出た。

 被告側は殺人事件について否認し、別の放火事件のみ罪を認め、即時釈放を求めていた。上級裁は刑期途中での釈放を認めない判断を出し、弁護側は控訴する考えを表明した。支援者の4被告にも禁錮などの有罪判決が出た。事件を巡っては、監視機関の憲法擁護庁がNSU関連の書類を事件後破棄したことが明らかになり、同庁長官が引責辞任した。

毎日新聞

国際

国際一覧>