トランプ氏:金正恩氏の親書公開 非核化は触れず

2018/07/13 11:18 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランプ米大統領は12日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長から受け取ったという親書をツイッターで公開した。親書で、金委員長は今後の「実践する過程」の中で、「大統領に対する変わらぬ信頼と信用がさらに強まることを願う」と述べている。親書は、朝鮮半島の非核化には触れておらず、米朝関係の改善を強調する内容になっている。

 親書は7月6日付で、この日に非核化に向けた協議のため訪朝したポンペオ米国務長官に託された。米国は北朝鮮の早期非核化を目指すが、北朝鮮外務省はポンペオ氏の訪朝後、「米国側は一方的かつ強盗のように非核化要求だけを持ち出した」と反発する報道官談話を発表。トランプ氏は「進展があった!」とツイートしており、ポンペオ氏の訪朝が不調に終わったとの見方を否定する狙いがあるようだ。親書で金委員長は、6月12日にシンガポールで行った米朝首脳会談について「意義深い旅の始まりだった」と評価した。【岩佐淳士】

毎日新聞

国際

国際一覧>