小池知事:首相から「都議選、お手柔らかに」夜の会合で

2017/04/21 20:18 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京都の小池百合子知事は21日の定例記者会見で、都内の日本料理店で18日夜に小泉純一郎元首相らと会食した際、同じ店で別の会合に参加していた安倍晋三首相から都議会議員選挙(7月2日投開票)について「お手柔らかにお願いしますね」と声をかけられたことを明らかにした。

 安倍首相は今月11日の自民党の決起大会で、小池氏が率いる「都民ファーストの会」を念頭に「急に誕生した政党に都政を支える力はない」とけん制。一方で「小池氏がやろうとしている方向が正しければしっかり支える」と、全面対決を避ける思惑もにじませた。

 18日の会食には自民党の二階俊博幹事長も同席しており、小池氏は会見で「(二階氏から)都議選が終わってから協力体制をどうするか話をいただいた。五輪など連携していかなければいけないことも多数ある」と、対立を深める都議会自民への態度とは異なる柔軟な姿勢を示した。

 こうした発言に「党本部と党都議団は別の組織と認識しているのか」との質問も出たが、小池氏は笑いながら「ノーコメント」と述べるにとどめた。【柳澤一男】

毎日新聞

政治

政治一覧>