参院70年祝賀会:伊達議長「参院改革を加速」

2017/05/19 20:06 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 20日に創設70周年を迎える参院は19日、国会内で記念祝賀会を開いた。伊達忠一参院議長は「良識の府としてその使命を果たそうと懸命に歩んできた道のりだった」と院の歴史を振り返った上で、2月に設置した参院改革協議会の議論を加速させる考えを示した。

 改革の当面の主な課題は、参院選の「1票の格差」を是正する選挙制度改革だ。自民党は2016年の参院選で導入された合区の解消を訴えているが、民進、公明両党などは逆に合区の拡大やブロック制導入を主張。調整は難航が予想される。衆院の選挙制度改革を主導した大島理森衆院議長は「伊達議長のリーダーシップの下、(参院改革の)成功を期待する」と激励した。

 また参院は創設70周年を記念して特別参観を20、21両日午前9時〜午後5時に実施(受け付けは午後4時まで。予約不要、無料)。通常の参観では通れない中央玄関や本会議場、予算委員会が行われる第1委員会室にも入れるほか、福島復興を願い、福島県の会社が製造した「日本酒参議院」の販売などを行う。【高橋恵子】

毎日新聞

政治

政治一覧>