安倍首相:北朝鮮へ圧力 ASEANに連携呼び掛け

2017/11/14 01:10 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【マニラ朝日弘行】安倍晋三首相は13日夜(日本時間同日夜)、マニラで日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)との首脳会議に出席した。北朝鮮問題に関し、「圧力を最大限まで高め、北朝鮮側から『核・ミサイル開発を断念するので話し合いたい』と言ってくる状況に追い込むべきだ」と呼びかけた。

 また「法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を発展させるため、世界をともにリードしていくことを期待する」と述べ、ASEANとの連携に期待を表明。南シナ海の紛争解消を目指した「行動規範(COC)」の策定交渉に関し、「中国とASEANの対話の進展を歓迎している。実効的なCOCの早期策定を期待する」と語った。

 首相はカンボジアなどメコン川流域5カ国との首脳会議にも臨んだ。

毎日新聞

政治

政治一覧>