人事:警察庁長官に栗生氏

2018/01/12 12:50 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁の坂口正芳長官(60)が退職し、栗生俊一次長(59)が第27代長官に就任する人事が12日の閣議で承認された。発令は18日付。栗生氏の後任には三浦正充官房長(58)が就く。

 坂口氏は2016年8月に長官に就任。昨年3月に改正道路交通法を施行させるなどして、高齢者の交通事故数の減少に尽力した。昨年の交通事故死者数は戦後最少だった。また、2020年の東京五輪に向けたテロ対策を進めたほか、昨年11月に来日したトランプ米大統領の警備も指揮した。

 栗生氏は総括審議官や刑事局長などを歴任し、16年8月から次長を務めている。【川上晃弘】

…………………………

 ◇栗生 俊一氏(くりゅう・しゅんいち)

 東大法卒。81年警察庁入庁。刑事企画課長、官房長などを経て16年8月から次長。東京都出身。

毎日新聞

政治

政治一覧>

写真ニュース