福島・浪江:馬場町長辞職を町議会同意 体調不良で

2018/06/13 20:24 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京電力福島第1原発事故で一時、全町避難を強いられた福島県浪江町の馬場有町長(69)が13日、町議会に辞職願を提出した。体調不良が理由で、町議会は全会一致で同意した。辞職は30日付。

 馬場町長は2007年の町長選で初当選し、現在3期目。東日本大震災と原発事故後、被災した町の現状を積極的に発信し、国や東電との交渉の先頭に立った。任期は19年12月15日までだった。

 昨年12月に入院後、公務を休みがちで、この日の町議会も欠席。辞職願で「日常生活が困難との医師の所見がまとまった」と説明した。【高橋隆輔】

毎日新聞

政治

政治一覧>