超党派会議:党首討論夜間開催など国会改革提言案まとめる

2018/07/12 21:08 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◇小泉筆頭副幹事長らの勉強会

 自民党の小泉進次郎筆頭副幹事長らによる超党派の勉強会「『平成のうちに』衆院改革実現会議」は12日、国会改革の提言案をまとめた。党首討論の夜間開催や国会のIT化のほか、妊娠・出産した女性議員の代理投票を認めることを盛り込んだ。近く衆院議院運営委員会に提出する。

 提言案は、党首討論の定例化・夜間開催の実現▽衆院のIT化▽女性議員の妊娠・出産時などへの対応−−について「早急に議論を開始し、平成のうちに実現すべきだ」と早期の取り組みを求めた。

 女性議員が妊娠・出産で国会を欠席すると、その間は投票による意思表示ができないため、代理投票を認めて議員の役割を果たせるよう配慮する。

 小泉氏は「与野党の利害を超えてやるべきだ。一つでも風穴をあけようというのがコンセンサスだ」と記者団に語った。勉強会には自民党、国民民主党、公明党、日本維新の会などの衆院議員が参加している。【松倉佑輔】

毎日新聞

政治

政治一覧>