五輪メダル:再生金属プロジェクトに参加 競泳の萩野ら

2017/05/19 18:22 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨夏のリオデジャネイロ五輪の競泳男子で金メダルを獲得した萩野公介(22)らが19日、2020年東京五輪・パラリンピックのメダル製造に再生金属を利用するためのプロジェクトに参加した。

 東京大会では約5000個のメダルが製造される予定。プロジェクトは4月から始まり、携帯電話やタブレット、デジタルカメラなど小型家電を対象に全国のNTTドコモの店舗や自治体で回収作業を進めている。

 この日は競泳のジャパンオープンに出場している日英4選手らが使用済み携帯電話を持ち寄った。「自分の携帯がと思うと不思議」と萩野。再生プロジェクトにあやかり、連続金メダルでの「再回収」を誓った。【村上正】

毎日新聞

社会

社会一覧>