仙台・中2自殺:前日に教諭が体罰「計2件、一因か」

2017/05/19 21:33 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いじめを受けていた仙台市立中学2年の男子生徒(13)が4月に自殺した問題で、市教育委員会は19日、自殺前日と今年1月に生徒が教諭から体罰を受けていたと発表した。大越裕光教育長は「体罰の翌日に亡くなっており自殺の原因の一つの可能性もある」との認識を示し、市教委で体罰の事実関係を調査するとともに、第三者委員会に諮問し、いじめや体罰と自殺との関係を調査する方針。

 市教委によると、自殺前日の4月25日、50代の男性教諭が授業中に生徒の後頭部をげんこつで殴った。教諭は「居眠りをしていたので起こそうと思った」と説明しているという。今年1月には50代の女性教諭が授業中に10〜15分間、生徒の口に長さ約15センチのガムテープを貼った。教諭は「うるさかったので貼った」と話しているという。2人は担任ではなく教科担当だった。関係者によると、この他に、同じ男性教諭が生徒をたたくなどの体罰が複数回確認されているという。

 今月18日夜、同級生の保護者から「体罰があった」と校長に連絡があり、学校側が教諭2人に確認したところ認めたという。市教委は生徒の自殺後に教職員らに聞き取り調査を実施していたが、2人は体罰の事実を報告していなかった。

 大越教育長は報道陣の取材に、体罰を把握できなかった点について「いじめの有無を中心に調査していたが、結果的に体罰を見抜けなかった。力不足という批判を受けても致し方ない」と述べた。

 生徒へのいじめを巡っては、昨年5月から今年3月にかけて、机に「死ね」とフェルトペンで書かれるなど8件のいじめがあった。学校は昨年5月にいじめを把握したが、その後は「問題は解消した」として、今年4月に就任した校長に引き継いでいなかった。【本橋敦子、真田祐里】

 ◇情報共有に問題

 いじめ問題に取り組むNPO法人「ジェントルハートプロジェクト」の小森美登里理事の話 生徒は先生からも体罰を受けたことで逃げ場を失った可能性もある。教諭の体罰がいじめを容認する空気を作り出すことにつながったのではないか。ただ、なぜ体罰が今になって分かったのか。学校や市教委の調査や情報共有に問題があったと言わざるを得ない。全教職員や関係生徒への調査がきちんと実施されたか精査する必要がある。

毎日新聞

社会

社会一覧>