徳島・阿波踊り:「ヤットサー」開幕 英語アナウンスも

2017/08/12 19:27 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 徳島の夏を彩る阿波踊りが12日、開幕した。徳島市中心部では15日までの4日間、笛やかねが奏でる軽快なリズムが鳴り響き、そろいの法被や浴衣を身にまとった踊り手たちの熱気に包まれる。実行委員会は昨年並み(120万人以上)の人出を見込んでいる。

 期間中、延べ約850の「連」と呼ばれる踊りグループが繰り出し、特設の演舞場や街角で踊り込む。徳島市役所前(同市幸町)の演舞場で開幕が宣言されると、「ヤットサー」のかけ声とともに、踊り手たちは腰を低く落として踊る男踊りや、手を高く挙げる女踊りを披露した。

 訪日外国人の増加を受け、市役所前の演舞場では今年から、英語によるアナウンスを始めた。【松山文音】

毎日新聞

社会

社会一覧>