Tシャツ:100人超かぶれ 染色剤社員を書類送検

2017/10/12 12:57 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神奈川県茅ケ崎市で昨年9月、マリンスポーツ大会で配布されたTシャツを着た参加者の皮膚がかぶれるなどした事故で、県警は12日、シャツのプリントの下処理に使われた薬剤を開発した染色剤開発・製造会社「松井色素化学工業所」(京都市)の当時の技術部長の男(67)と開発担当者の男(35)を業務上過失傷害容疑で横浜地検に書類送検した。

 容疑は、処理剤を開発した際、皮膚への影響を調べる安全管理を怠るなどし、昨年9月10日、会場でTシャツを配布された大会関係者107人に重軽傷を負わせたとしている。

 県警によると、処理剤が高濃度のまま繊維に残っていたことが原因とみられ、2人は「薬剤が危険だという認識はあったが、薄めて使用したので大丈夫だと思った」と説明しているという。【中村紬葵】

毎日新聞

社会

社会一覧>