JAL:ベルスターに強力助っ人 クリスマスに向け練習

2017/10/12 14:25 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本航空(JAL)の客室乗務員(CA)たちで作るハンドベルチーム「ベルスター」が、クリスマスシーズンへ向け練習を開始した。

 ベルスターは1995年の結成以来、若手CAで構成され、今年は25人の応募者の中からピアノなどの楽器を学んだ経験のある入社4年目までの8人がメンバーに選ばれた。練習では中学、高校時代にハンドベル部に所属していた2015年度入社の六角奈央さんが、ハンドベルの持ち方や音の調整などの基本動作を指導。強力な助っ人の加入でメンバーたちのレベルアップはめざましいという。六角さんは「ハンドベル部に在籍していた学生時代に羽田でベルスターの公演を見ていたので、自分がJALの制服を着て演奏できるのは光栄です」と笑顔を見せた。

 メンバーの中で唯一、2年連続で選ばれた濱地恵里さんは「今年は『Be the JAL Bellstar』を合言葉に観客と一体になって盛り上がっていきたい」と抱負を語った。

 演奏は12月1日のはこだてクリスマスファンタジー(北海道函館市)を皮切りに、札幌、名古屋、福井、羽田空港などでの公演を予定している。

毎日新聞

社会

社会一覧>