北大グループ実験:うなずきで好感度アップ!最大40%も

2017/10/13 10:42 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人と対面した時、うなずくだけで好感度のポイントが最大40%もアップすることを実験で確認したと、北海道大の河原純一郎准教授(認知心理学)らの研究グループが英学術誌に発表した。マナー教育や人型ロボットの製作などに役立つ成果という。

 グループは、アジア系の若い女性をイメージした48人分の顔のCG(コンピューターグラフィックス)を作成。それぞれ、うなずき▽横の首振り▽静止−−の3パターンを作った。音声や顔の表情は付けなかった。これを18歳以上の男女33人に見せ、魅力▽好ましさ▽近づきやすさ−−を100段階で評価してもらった。

 その結果、首振りと静止に対するうなずきのポイントが、「好ましさ」で約30%、「近づきやすさ」は約40%高かった。「魅力」の差は小さかった。

 また、別の18歳以上の男女16人に、見た目の良さ▽性格の良さ−−の印象を同様に評価してもらったところ、うなずいた場合に、性格の良さが他より約25%高かった。見た目の良さはほとんど違いがなかった。

 河原准教授は「人は動作も含めて人の印象を判断している。うなずくことは良い評価に結びつきやすいので、普段の生活でも積極的に行ってほしい」と話す。【酒造唯】

毎日新聞

社会

社会一覧>