業務妨害容疑:警視庁職員が誘拐自作自演 名古屋に帰省中

2017/10/13 13:27 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警視庁の20代の女性職員が名古屋市内の実家に帰省中の9月、誘拐されたかのような虚偽の連絡を父親にして、愛知県警が一時、捜査する騒ぎになっていたことが捜査関係者への取材で分かった。職員は実家に帰宅して自作自演とわかり、県警が偽計業務妨害の疑いで書類送検する方針。

 捜査関係者によると、職員は9月20日未明、家族と口論になり実家を飛び出した。同日午前、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使い、誘拐犯を装って身代金5000万円を要求するメッセージを父親に送信した。

 父親からの110番を受け、県警は身代金目的の誘拐事件の可能性があるとみて捜査を始めたが、約6時間後に職員が実家に帰宅し虚偽だと判明。実際は市内のホテルに宿泊していた。

 県警の調べに職員は「父親に構ってもらいたくてやってしまった。こんなに大事になると思わなかった」と話しているという。【野村阿悠子】

毎日新聞

社会

社会一覧>