松山暴走:ひき逃げで再逮捕へ 危険運転致傷も視野

2017/11/14 19:45 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松山市中心部の商店街などで13日に乗用車が暴走した事件で、愛媛県警は道路交通法(転回禁止)違反容疑で現行犯逮捕した会社員、在間(ざいま)亮平容疑者(41)=同県今治市立花町3=を、女性をはねた同法違反(ひき逃げ)容疑などで15日にも再逮捕する方針を固めた。逃走時に赤信号を無視しており、県警は自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)容疑も視野に捜査している。

 県警松山東署によると、在間容疑者は13日午後、パトカーに追われながら松山城周辺の国道やアーケード街などを約50分間にわたって走行。その際、松山市花園町の市道交差点で自転車に乗った60代女性と接触し、軽傷を負わせて逃げた疑いがある。他に5件の物損事故も起こし、乗用車から降りたところを署員に取り押さえられた。

 在間容疑者はタオル製造会社に勤務。「いろいろなストレスがあり自暴自棄になった。数日間寝られなかった」などと供述しているという。【中川祐一】

毎日新聞

社会

社会一覧>