酒気帯び:勝浦市議を逮捕 知人に身代わり依頼 千葉

2018/01/14 11:55 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 千葉県警勝浦署は13日、勝浦市議の高梨弘人容疑者(40)=同市中島=を道交法違反(酒気帯び運転)容疑で逮捕した。軽乗用車で単独事故を起こした後、知人の男性に身代わりを依頼していたという。

 逮捕容疑は12日午後9時50分ごろ、同市台宿の県道で、酒気を帯びて軽乗用車を運転したとしている。容疑を認めているという。

 同署によると、車は道路脇ののり面に衝突。高梨容疑者は車を置いたまま現場から一時立ち去り、約1時間後に知人の男性を連れて現場に戻った。知人は当初「自分が運転した」と話したが、その後の調べに「身代わりを頼まれた」と説明。高梨容疑者は「市内の飲食店で日本酒やビールを飲んだ。立場上、まずいと思って身代わりをお願いした」と話しているという。

 高梨容疑者は2015年の市議選で初当選した。【斎藤文太郎】

毎日新聞

社会

社会一覧>