兵庫・笠形山:扁妙の滝の造形美

2018/01/14 18:34 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 厳しい寒気で、兵庫県神河町の笠形山(標高939メートル)中腹にある扁妙(へんみょう)の滝が凍りつき、自然の造形美を見せている。しぶきが無数のつららをつくり、落差65メートルの氷の壁に姿を変えた。

 近くのアウトドア施設「グリーンエコー笠形」によると、夜間の冷え込みに加え、日中も気温が上がらないなどの気象条件がそろうと凍るといい、例年に比べて2週間ほど早い。滝に近づくには滑りやすい場所が多い登山道を約30分歩かなければならず、アイゼンなどが必要という。凍結状況など問い合わせは同施設(0790・32・1307)。【幾島健太郎】

毎日新聞

社会

社会一覧>