米科学誌:京大の不正iPS論文撤回

2018/02/14 18:40 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ◇「ステム・セル・リポーツ」

 京都大iPS細胞研究所で発覚した論文の捏造(ねつぞう)・改ざん問題で、掲載した米科学誌「ステム・セル・リポーツ」が14日までに、論文を撤回した。京大が撤回を申請していた。同誌はホームページで「捏造・改ざんで論文の結論を支えられなくなった」と説明している。

 論文は、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から脳血管細胞を作製し、有害物質などが脳に入るのを防ぐ「血液脳関門」の機能を持つ構造体を作ったという内容。同誌は昨年2月に電子版で、3月に誌面で掲載していた。

 京大は先月22日、筆頭・責任著者の山水康平・特定拠点助教が図など計17カ所で捏造・改ざんしたと発表した。同誌ホームページによると、山水助教を含む全11人の著者が撤回に同意。同誌は「著者らは科学界に謝罪し、混乱を招いたことを悔やんでいる」としている。【野口由紀】

毎日新聞

社会

社会一覧>