別府湾:潮を吹いたり潜水と浮上も、ザトウクジラか

2018/02/14 18:47 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 14日午前9時20分ごろ、大分市田ノ浦ビーチ沖合で漁をしていた漁船から大分海上保安部に「別府湾でクジラを目撃した」と通報があった。同保安部が巡視艇で同湾内を調査すると、午前10時45分ごろ、大分港沖約800メートルの海上でクジラとみられる生物を発見した。全長は7〜9メートルほど。約20分間、潮を吹いたり、潜水と浮上を繰り返したりした後、姿が見えなくなったという。

 同市の水族館うみたまご職員の十万仁志さんによると、個体はザトウクジラとみられ、2〜4月は豊後水道で目撃が増えるという。餌を追って湾に入り定置網に掛かることもあり、「全長からすると、若いクジラではないか」と話していた。【田畠広景】

毎日新聞

社会

社会一覧>