陸自ヘリ墜落:「メインローターヘッドは中古品」と訂正

2018/02/14 19:28 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐賀県神埼(かんざき)市の民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落した事故で、陸自は14日、主回転翼の4本の羽根と回転軸をつなぐ「メインローターヘッド」は新品ではなく、中古品だったと訂正した。これまでは直前の整備で新品と交換されたと説明してきたが、その後の調査で別の機体で使われた際に不具合が出た後、修理したものと判明。陸自は「修理と事故の関係は不明」としている。

 陸自によると、交換したローターヘッドは別の同型機で845時間にわたって使用したが、別の部品とヘッドとの接続部の一つに摩耗が見つかり、2011年に米国のメーカーに修理に出していた。ヘッドは計1750時間まで使えることになっており、事故機のヘッドを定期整備で交換する際に、保管されていた修理済みのヘッドに替えたという。

 陸自トップの山崎幸二陸上幕僚長は8日の記者会見で「(ヘッドは)新品と報告を受けている」と説明したが、その後の調査で間違いと判明。また、当初は事故機のヘッドの交換が13機ある同型機の中で3例目だったとしていたが、8例目だったことも分かった。

 墜落したヘリは空中でヘッドが破損し、主回転翼の羽根が外れたとみられている。陸自は防衛省の訓令に従い、4カ月以内に調査報告をまとめる方針だが、フライトレコーダーの破損が激しく、調査が長引く可能性もある。【前谷宏】

毎日新聞

社会

社会一覧>