西日本豪雨:14府県で死者193人、不明62人

2018/07/13 11:16 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 西日本豪雨の犠牲者はさらに増え、毎日新聞の集計で13日午後0時半現在、死者は14府県で193人に上った。安否不明者は4県の62人。新たに宮崎県で死者1人が確認された。同県小林市で7日に不明になり、9日に川で見つかった男性について豪雨の犠牲者と判断された。また、土砂災害が多発した広島県では坂町小屋浦で新たに男女計2人の死亡が確認された。高知県大月町の海でも男性1人が遺体で見つかった。

 一方、警察庁の13日午前4時45分時点のまとめでは、豪雨による死者は12府県で170人。豪雨による死亡かを確認中の34人を含めると14府県で204人となった。【岡崎英遠】

毎日新聞

社会

社会一覧>