プロ野球:ソフトバンク本多「もう一度、40盗塁目指す」

2017/01/11 19:10 

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクの本多雄一内野手(32)が11日、佐賀県嬉野市で自主トレーニングを公開した。プロ11年間で334盗塁を決めている球界有数の韋駄天(いだてん)は、「速く走りたい気持ちが強い。もう一度、40盗塁を目指す」と、原点回帰をテーマに掲げている。

 短距離ダッシュを動画で撮影し、入念にフォームの確認を行った。約50メートルの坂道ダッシュを10本以上繰り返し、走力を鍛える練習に時間を割いた。

 腕を横に切るようなイメージで振ることで「骨盤も一緒に動き、足の回転がスムーズになる」という。20メートル走のタイムは伸び、「手応えはある。盗塁王を取る前のオフと同じような感覚」と自信を深めている。

 昨オフは先発定着を第一に考え、打力向上を狙ったが元々足が武器。「プロとしてもっと走ることにこだわりたい」と立ち返った。プロ19人目となる350盗塁まであと16。歴代7人しか達成していない400盗塁も射程に入る。「143試合に出て、力を出し切れば可能性はある」。貪欲さを忘れずに、12年目のシーズンに挑む。【角田直哉】

毎日新聞

スポーツ

スポーツ一覧>